ベジータも思わずツッコミ?『ドラゴンボール改』19話ブルマの“自堕落”な姿が話題に!

ベジータも思わずツッコミ?『ドラゴンボール改』19話ブルマの“自堕落”な姿が話題に!

ベジータも思わずツッコミ?『ドラゴンボール改』19話ブルマの“自堕落”な姿が話題に! (C)PIXTA

大人気アニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ系)の第19話『新たなる強敵! 宇宙の帝王フリーザ』が、8月10日深夜に再放送された。作中ではブルマがあられもない姿を披露する場面があり、視聴者から熱視線を浴びてしまったようだ。

※アニメ『ドラゴンボール改』最新話の内容に触れています

新たなドラゴンボールを手に入れるべく、宇宙船でナメック星へと向かったクリリン、ブルマ、悟飯の3人。7日目が過ぎたころ、暇を持て余したクリリンと悟飯は船内でイメージトレーニングを始める。

しかしブルマは、退屈のあまりクリリンに八つ当たり。その一方、大怪我を負ったベジータはある惑星に到着し、傷だらけの体を治療カプセルで癒して復活を遂げていた──。

重症を負ったベジータが復活を果たした今回のエピソード。恐怖の訪れを予感させる重要なシーンではあったが、視聴者が注目したのは船内で過ごすブルマの姿だ。彼女は最初こそ気合の入った宇宙服でクリリンたちを叱咤していたものの、わずか一週間で見る影もない自堕落な姿となっていた。

たとえばベッドに横たわって大あくびしたり、本を床に投げ捨てたりとやりたい放題。挙句の果てには羞恥心すら失ったのか、クリリンたちがいるのにもかかわらず、大胆な下着姿で船内をうろついている。

クリリンの敵は身内にあり?

もちろん自己中心的な性格も変わらず、クリリンに対して「またイメージトレーニング? 良いわね、暇つぶしできて」と嫌味っぽく話しかける場面も。またブルマは自分が散らかしたにもかかわらず、「この部屋いい加減散らかってきたから、片づけてくれないかしら」と上から目線で命令。クリリンから反論されると、暇を嘆いていたくせに「私は忙しいのよ」「うるさいわね、デリケートなレディを労わろうって気持ちが欲しいわ。フン!」と逆ギレしていた。

そんなブルマの姿に、「レディだったら、下着でうろうろしないでほしいよな…」とドン引きするクリリン。一方で視聴者からは、《ブルマの下着が見れていいな》《薄着で歩き回るブルマ、最高すぎるんだが!?》《クリリンもこれで良くブルマと何もなかったなwww》などと見当違いな反響が起こっている。

しかしベジータのモノマネ芸人としてお馴染みのR藤本は、ツイッター上で自堕落なブルマに対する感想を投稿。「な、なんて下品な女だ…」と真っ当なリアクションをしていた。地球人(視聴者)はブルマを見慣れたことで、感覚が麻痺してしまっているのだろう。

フリーザが初登場するシーンもあり、今後は徐々にシリアス展開が多くなっていく予感。ブルマは身を挺して、一時の安らぎを提供してくれたのかもしれない。

文=猿田虫彦

【画像】

Benzoix / PIXTA

◆過去のアニメ「ドラゴンボール改」レビューはこちら

【あわせて読みたい】