アニメ『シャーマンキング』18話ついに“チョコラブ”登場も…「違和感バリバリだな」

アニメ『シャーマンキング』18話ついに“チョコラブ”登場も…「違和感バリバリだな」

『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

武井宏之の人気コミックを原作としたアニメ『SHAMAN KING』(テレビ東京系)の第18話『グレート・スピリッツ そしてマイチーム』が、8月12日に放送された。作中ではついに最後の仲間であるチョコラブ・マクダネルが登場し、原作ファンから歓喜の声が続出しているようだが…。

※アニメ『SHAMAN KING』最新話の内容に触れています

葉に「超・占事略決」を届けるべく旅だったアンナの前に、宿敵・ハオが登場。アンナはなんとかハオを退け、葉のもとへと急ぐ。その一方、パッチ族の村にたどり着いた葉たちは、シャーマンファイトの真の目的である「グレート・スピリッツ」の全貌を目の当たりにしていた。

晴れて本戦最初の試練を突破した葉たちは、残りの選手が到着するまでパッチ村を観光することに。そんな中、葉はアンナと合流したが、さらに1人のシャーマンが話しかけてくる。彼は次の試合が「3対3」のトーナメント制であることを葉たちに告げ、仲間を探していることをギャグ交じりで説明。そして自身の名前を「チョコラブ」と明かし、話し合いの末に蓮、ホロホロと3人でチームを組むのだった──。

遅れてきた戦友・チョコラブ

満を持してアニメに登場したチョコラブに、原作ファンは大興奮。さらにチョコラブの声を担当しているのは声優・くまいもとこであり、旧アニメ版から変わっていない。令和によみがえった最高のキャスティングに、《初期と同じく、くまいもとこさんなのは最高に嬉しい》《くまいもとこさん、マジで微塵も声に変化なくて凄すぎる》《くまいもとこさんの変わらなさ、流石のレジェンド少年声》と歓喜の声が続出している。

しかしそんなチョコラブにも、1点だけ大きな変化が。声やキャラクターなどは変わらない一方、見た目が変化しているのだ。彼はアフロヘアーにネイティブアメリカンテイストの服をまとったキャラクターだが、今回のアニメでは最大の特徴であった分厚い唇が描かれていない。そのため違和感を覚えた人も多く、《チョコラブさんのチャームポイントの唇が…》《チョコラブの唇がないの泣いた》《たらこ唇じゃないから、違和感バリバリだな》《チョコラブの唇が恋しい…》といった不満の声もあがっていた。

コンプライアンス的な何かが関わっていそうなチョコラブのキャラデザ変更。とはいえ唇はなくとも声や雰囲気はまったく同一なので、慣れれば今までのチョコラブと変わらずに愛せるかもしれない。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

◆過去のアニメ「SHAMAN KING」レビューはこちら

【あわせて読みたい】