『ONE PIECE』スピンオフ漫画が攻めすぎ! まさかの超展開に「イカれ狂ってる」

『ONE PIECE』スピンオフ漫画が攻めすぎ! まさかの超展開に「イカれ狂ってる」

『ONE PIECE』スピンオフ漫画が攻めすぎ! まさかの超展開に「イカれ狂ってる」 (C)PIXTA

現在『ジャンプ+』では、尾田栄一郎の『ONE PIECE』をあらゆる角度からリスペクトした公式スピンオフ漫画『恋するワンピース』が連載されている。あまりに実験的な作風で幾度も話題を呼んできたが、最新話ではついに一線を超えてしまったようだ。

同作は、「麦わらの一味」と同じ名前を持つ高校生たちの日常を描いたドタバタギャグ漫画。作中では山本海賊王(ルフィ)や小山菜美(ナミ)が、現実と「ONE PIECE」の区別がつかない変人・中津川嘘風(ウソップ)に振り回されていく。

今回話題となったのは、8月15日に公開された第136話『ブクブクの実』の内容。本家の人気エピソード「アラバスタ編」で起きた悲劇を防ぐため、ウソップの開発した「ブクブクの実」を使って本の中に入り込む…というストーリーだ。「本の中に入り込む」とは文字通りの意味で、原作の第182話『怒号』が1話丸ごと使用された上、コラージュのようにナミたちの姿が加筆されている。

この異例の展開には読者も騒然となり、《やりやがった! やりやがったこいつ!》《こんなにイカれ狂った番外編ってある?》《ついに丸ごと1話…これいいのか!? 単行本に収録できるの!? そもそも原稿料どうなるの!? なんでこれにOK出してるの!?》《もう禁じ手とかそういう次元じゃないだろ。漫画に対する挑戦だよ》《この海で一番自由な人が海賊王ならこのお方こそ海賊王です》と驚きの声があふれかえっている。

作者がぶっ飛んでいるのか、編集部がユルすぎるのか…

実は原作の絵が流用されたのは、今回が初めてではない。第127話『花粉症』でも、登場人物の顔が本家のキャラ絵でコラージュされる事件が。結果としてシャンクスがヨガをするシーンや、ゾロとペローナが手をつなぐシーンなどの名場面が生まれ、過激すぎると話題を呼んでいた。

とはいえ、この時にはあくまで顔だけのコラージュ。まるまる1話を使用したのは初の試みであり、読者もまさかここまで踏み込んでくるとは予想していなかっただろう。

やりたい放題のネタを見ると、「ジャンプ+」編集部があまりに寛容すぎるのでは…とも心配になってしまうが、作者・伊原大貴によると度々ボツを食らっているそう。担当との打ち合わせでは、「だめです」「無理です」「これを通す勇気は僕にはない」などと言われているらしい。

さらに伊原は、自身のツイッターで《ちょっと無茶なお話ばかり描いて担当さんをいつも困らせてしまっている》ともコメントしていた。掲載されている話よりも、さらにぶっ飛んだアイデアがあることは確かだろう。原稿にはできずとも、どこかで裏話を語ってみてほしいものだ。

文=野木

【画像】

Atstock Productions / PIXTA

【あわせて読みたい】