アニメ『転スラ』45話で“杉田智和”祭り開催! 新キャラにツッコミ「ただの杉田やんけ」

アニメ『転スラ』45話で“杉田智和”祭り開催! 新キャラにツッコミ「ただの杉田やんけ」

アニメ『転スラ』45話で“杉田智和”祭り開催! 新キャラにツッコミ「ただの杉田やんけ」 (C)PIXTA

大人気〝なろう〟系小説を原作としたアニメ『転生したらスライムだった件』(TOKYO MXほか)の第45話『示指のアダルマン』が、8月31日に放送された。作中ではアダルマンという新キャラが登場したのだが、その声優をめぐって視聴者たちが大盛り上がりしているようだ。

※アニメ『転生したらスライムだった件』最新話の内容に触れています

リムルたちが「魔物達の宴(ワルプルギス)」に向かった頃、ソウエイ、ハクロウ、シュナの3人はクレイマンの本拠地へと歩みを進めていた。すると突如として敵の大軍が3人を取り囲み、〝示指のアダルマン〟なる人物が現れる。

アダルマンは数多のアンデッドを従えるワイトキング。死せる魔物の頂点・デスドラゴンなどを操り、猛攻を仕掛けるのだが、シュナは「対魔属性結界(アライメントフィールド)」によって死霊たちを退けた。さらにアダルマンが決死の覚悟で神聖魔法を撃つと、それを上書きして魔王カザリームの呪縛から解き放つ。

その後、出発しようとした3人の前にアダルマンたちが平服。「シュナさま」と呼びかけ、リムルに信仰を捧げたいと申し出るのだった。そうして態度が一変したアダルマンによって、シュナたちはクレイマンの城に案内される…。

迷演技? アダルマンの変わりように爆笑の声

今回注目を集めたアダルマンの声を担当したのは、『銀魂』の坂田銀時役や『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役などで知られる声優・杉田智和。しかも、その演技力がいかんなく発揮されていた。登場時のアダルマンは勇ましい態度だったが、改心した後は一転して〝杉田智和感〟のある平和な話し方となっているのだ。

あまりにも激しい変わりように、視聴者からは《ただの杉田やんけ!》《アダルマン途中までかっこよかったのに倒されてからただの杉田になっちゃったよ》《最初めちゃくちゃ渋くて上手かったのに、改心後いつもの杉田感が出てて笑った》《アダルマン、浄化されたらいつもの杉田になってて草》といった反響があがっている。

杉田の声質はかなり特徴的なものであり、しばしば容易に聞き分けられることから〝ただの杉田〟とネタにされることも。改心後のアダルマンも同様のパターンだったようで、もはやキャラクターが杉田に寄せて作られたかのような錯覚まで生まれてしまう。

今後ふたたびアニメでアダルマンの活躍が描かれることがあれば、その〝杉田感〟にも注目してほしい。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Veres Production / PIXTA

◆過去のアニメ「転生したらスライムだった件」レビューはこちら

【あわせて読みたい】