人気RPG『原神』にまたもパクリ疑惑!?『グラブルVS』ソックリで批判殺到

人気RPG『原神』にまたもパクリ疑惑!?『グラブルVS』ソックリで批判殺到

人気RPG『原神』にまたもパクリ疑惑!?『グラブルVS』ソックリで批判殺到 (C)PIXTA

9月1日、人気オープンワールドRPG『原神』にて、新プレイアブルキャラクター「雷電将軍」が実装された。しかしそのモーションをめぐって、格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス』のパクリ疑惑が浮上している。

問題となったのは、ストーリーの中で雷電将軍がシニョーラを切りつける場面。すれ違いざまに刀を振った雷電将軍の斬撃が幾重にも重なり、最後に雷の柱がシニョーラを焼き尽くすという演出のアクションシーンだった。

この一連のシーンが、「グランブルーファンタジー ヴァーサス」に登場するナルメアというキャラクターの超必殺技(解放奥義)に似ていると話題に。たしかにモーションや構図だけでなく、斬撃が光の線となって重なるエフェクトなど、さまざまな類似点が見られる。

実際にネット上でも、《よくある構図かと思ったら、空中の光る線のエフェクトまでパクるのか》《左手で刀を持っているところまでナルメアと同じじゃん》《雷電将軍はナルメア姉ちゃんだった!?》《せめてもうちょい変えておけば、良くある演出だしねで済むのに》《これはちょっと擁護できない》とモーションの酷似を指摘する声が相次いでいた。

他作品からのパクリを疑われ続けた「原神」

またこれまで「原神」は数々のパクリ疑惑が指摘されてきたため、《偶然と言うには前科がありすぎる》との声も。たとえばリリース当初は、グラフィックやゲームシステムなどが『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のパクリだと話題になっていた。ちなみに「原神」の公式は、実際に同作からインスピレーションを得ていることを認めている。

ただその後も「原神」に関しては、インスピレーションという言葉では片づけられない多様な盗用疑惑が。『Devil May Cry 4』や『NieR:Automata』といったゲームからも、モーションなどを盗用していると言われてきた。そのためゲームファンの中には、「原神=パクリ」というイメージを持っている人も多い模様。たしかに一部他のゲームと似ている箇所があるだけなら「良くある演出」で片付けられるが、こう何度も同じことが重なると、疑いが強まってしまうかもしれない。

「原神」というゲーム自体の人気は高く、他のソーシャルゲームと比較してクオリティーが高いのは事実。あえて他作品の技術をパクらなくても、十分ユーザーの支持を得られると思うのだが…。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】