アニメ『ヒロアカ』110話トゥワイスが大活躍! ダークヒーロー爆誕に「主人公すぎる」

アニメ『ヒロアカ』110話トゥワイスが大活躍! ダークヒーロー爆誕に「主人公すぎる」

『僕のヒーローアカデミア』31巻(堀越耕平/集英社)

ヒーローの敵を主人公とした「ヴィランアカデミア編」が盛り上がりを見せるアニメ『僕のヒーローアカデミア』(日本テレビ系)。9月4日に放送された第110話『サッドマンズパレード』では、ヴィラン連合のトゥワイスをめぐる大活躍が描かれることとなった。

※アニメ『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

作中では泥花市を舞台として、ヴィラン連合と異能解放軍の戦士たちによる激闘が繰り広げられている最中。トゥワイスは瀕死のトガヒミコと遭遇するのだが、そこに異能解放軍幹部・スケプティックが作り出した操り人形が襲い掛かる。

操り人形がトゥワイスと同じ顔をしていたことで、彼の脳裏でトラウマが蘇ることに。かつてトゥワイスは異能によって自分を複製して犯罪を行っていたが、複製同士の殺し合いが勃発し、自分が本物か分からなくなったのだという。

しかし、操り人形にダメージを与えられたことで、ついにそのトラウマを克服。本物としての自覚をもったトゥワイスは「どけよ偽物…俺は仲間を殺さない」と言い放ち、無限増殖のように自分を複製していく「哀れな行進(サッドマンズパレード)」を発動する──。

ヴィランの“ダークヒーロー”となったトゥワイス

トゥワイスにとって、どこにも居場所がない自分を受け入れてくれたヴィラン連合は何より重要な存在。仲間たちのために覚醒し、敵に立ち向かっていく姿に、視聴者たちは《覚醒してヒロイントガを助け出すトゥワイスがマジ主人公すぎる》《トガちゃんのためにトラウマ克服したトゥワイスはヒーローのソレだった》《今回、トゥワイスがずっとかっこいいことしか言ってない》《こんなカッコイイヴィラン他にいないだろ》《トゥワイスの覚醒っぷりが半端なくてテンション爆上がりでしたわ!》と喝采を送っている。

劇中では、トゥワイスがトラウマを克服したきっかけについて「愛と勇気」だと語るシーンも。あまりにもヴィランに似つかわしくないセリフに、Mr.コンプレスから「ヒーロー物語の1話目みてえだな。ヴィランだろ」とツッコミを受けていた。

また今回のエンディングクレジットでは、トゥワイスの名前がキャラクターの一番上に配置されることに。通常のアニメでは主人公が一番上になることが多いため、制作スタッフがトゥワイス回と認識していたことは間違いないだろう。

トゥワイスの活躍もあり、死柄木弔はついにリ・デストロと対面。いかなる戦いが幕を開けるのか、次回も見逃せない展開が続きそうだ。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』31巻(堀越耕平/集英社)

◆過去のアニメ「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】