アニメ『マキバオー』リメイク間近!? 次にリメイクされるジャンプアニメは…

アニメ『マキバオー』リメイク間近!? 次にリメイクされるジャンプアニメは…

アニメ『マキバオー』リメイク間近!? 次にリメイクされるジャンプアニメは… (C)PIXTA

現在、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』や『シャーマンキング』といった『週刊少年ジャンプ』作品のアニメが注目を集めている。どちらも過去にアニメ化されたことのある作品だが、現在のクオリティーでリメイクされている点が見どころだ。こうしたブームを受けて、ネット上では「次に来るリメイク作品」を考察する声が相次いでいる。

やはりこういった考察で、いの一番に名前が上がるのは人気バスケットボール作品『SLAM DUNK』だろう。同作は1993年にアニメ化されたが、インターハイの試合に向かう前までしか描かれていない。そのため、最大の見所と言っても過言ではない「山王工業高校戦」を映像化してほしいというファンはいまだに根強い。

ただ、同作は2022年秋に映画化されることが決定しており、その内容が「山王戦」ではないかと予想する声も。もしこの予想が合っているとすれば、TVアニメとしてのリメイクは望み薄になってしまうかもしれない。

また、2001年から2003年にかけて放送された『ヒカルの碁』のリメイクを望む声も目立つ。同作も「SLAM DUNK」と同じく、物語の終盤がまともにアニメ化されていないため、ファンが成仏できずにさまよっているようだ。

その他、『封神演義』や『魔人探偵脳噛ネウロ』といったタイトルを挙げる人も多い。どちらの作品も原作は熱狂的な人気だが、アニメオリジナルの展開によって批判が殺到したことで有名。「封神演義」にいたっては2018年にすでにリメイクされているが、こちらも大不評だったため、さらなるリメイクが望まれている。

『みどりのマキバオー』はリメイクの可能性大!?

さまざまな作品のリメイクが期待されているが、その中でも大本命と言えるのは『みどりのマキバオー』。同作は競馬をモチーフにした作品であり、豚の胴体にカバのような顔をしたマキバオーが、「日本ダービー」や「有馬記念」など実在するレースに挑んでいくという作品だ。

TVアニメ版は1996年から1997年にかけて放送され、主題歌の『走れマキバオー』は高い知名度を誇っている。そんな同作のリメイク化が濃厚だと言えるのはなぜか? 理由としては、人気アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』の大ヒットが挙げられる。現在、漫画・アニメファンの間では未曽有の競馬ブームが巻き起こっているため、同じく競馬が題材となっている「みどりのマキバオー」のリメイク化が現実味を帯びているのだ。

また『週刊ヤングジャンプ』2021年39号では、「ウマ娘」のコミック版である『ウマ娘 シンデレラグレイ』と「みどりのマキバオー」のコラボが実現。マキバオーとタマモクロスが並ぶイラストが掲載され、往年のファンは歓喜したようだ。

そしてこのコラボが、リメイク化の追い風になると予想する人も多い様子。SNS上では、《マキバオーはワンチャンほんとにリメイク化あるんじゃないかと期待しています》《ウマ娘人気の今、そろそろマキバオーリメイク化しても良いと思うんですよ》《ウマ娘で競馬や競走馬が注目されている今こそアニメ化させるべきなんだよね、マキバオー》といった意見が続出している。

もちろん、「マキバオー」に限らずリメイク化の可能性を秘めた「ジャンプ」アニメは多い。この先、どんな作品が現代に蘇ってくれるのだろうか…。

文=猿田虫彦

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】