アニメ『マンキン』22話 麻倉葉が本領発揮も… ファンの期待を裏切る結果に!?

アニメ『マンキン』22話 麻倉葉が本領発揮も… ファンの期待を裏切る結果に!?

『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

武井宏之の人気コミックを原作としたアニメ『SHAMAN KING』(テレビ東京系)の第22話『あなたとならどこまでも』が、9月9日に放送された。作中では主人公・麻倉葉が修行の成果を見せつけるシーンが描き出され、そのパワーアップした姿に歓喜の声が続出している。

※アニメ『SHAMAN KING』最新話の内容に触れています

「シャーマンファイト」トーナメント戦の第二試合、「X-LAWS」のトップチーム「X-Ⅰ」がエジプトの神秘を司るチーム「ナイルズ」を皆殺しにして勝利。そして葉が率いる「ふんばり温泉チーム」の出番が近づき、試合前のひと時を食堂で過ごしていた。

そこで葉は次の試合について「たぶん一発で勝つ」と豪語し、聞いていた対戦チーム「ICEMEN」も敵意をむき出しに。試合開始前から不穏な空気が流れる中、ついに両チームがステージに集結する。早くも怒りを向ける「ICEMEN」に、葉は「たぶん勝つのはおいらたちだからな」と断言。すると葉は愛刀・春雨とフツノミタマノツルギを媒介にして、巨大な刀状の「O.S. スピリット オブ ソード」を繰り出すのだった──。

麻倉葉が本領発揮! しかし演出が…

恐山アンナが持ってきた「超・占事略決」によって、新たな力を手にした葉。彼が自信に満ち溢れた表情で披露した「O.S. スピリット オブ ソード」に、視聴者は大興奮している。それもそのはず、この技は精霊へと昇格した持ち霊・阿弥陀丸を「春雨」に憑依させ、さらにフツノミタマノツルギを合わせる〝2段階オーバーソウル〟という高度な技だからだ。

オレンジ色の光を放つ巨大な刀身はまさに圧巻で、ネット上では《スピリットオブソードを出すシーンがもうハチャメチャにかっこよかった…》《スピリットオブソードは漢のロマン》《来た! スピリットオブソードはカッコよすぎ》《見とれてしまう…。リアタイしててよかった》《やっぱり葉にはスピリットオブソードが似合いますね》などと歓喜の声が続出している。

しかしその一方、「スピリット オブ ソード」の演出に気を落とす人も。同作では葉が初めてオーバーソウルを習得した時に、声優・林原めぐみによる旧アニメの挿入歌『Over Soul』が流されている。そのため今回の新技お披露目でも、『brave heart』や『Northern lights』といった旧アニメの〝神曲〟が流れることが期待されていたようだ。ところがファンの願いは制作陣には届かなかったらしく、実際には特別なBGMは流れなかった。

とはいえ物語はまだまだ序盤であり、今後葉が覚醒するシーンはいくらでもあるはず。いつかまた旧アニメの挿入歌が使用されることを期待したい。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

◆過去のアニメ「SHAMAN KING」レビューはこちら

【あわせて読みたい】