PS5版『グラセフ5』が当然のように炎上! 世界中のゲームファンに叩かれた当たり前の理由

PS5版『グラセフ5』が当然のように炎上! 世界中のゲームファンに叩かれた当たり前の理由

PS5版『グラセフ5』が当然のように炎上! 世界中のゲームファンに叩かれた当たり前の理由 (C)PIXTA

9月10日、PS5版『グランド・セフト・オート V』のトレーラームービーが公開されたのだが、世界中のゲーマーからブーイングが殺到。YouTube上で配信された動画には、異常なほどの低評価が付けられてしまった。

「グランド・セフト・オート V」は2013年にPS3版とXbox 360版が発売され、数多くのゲーマーに支持されてきた人気タイトル。発売から約8年が経った現在でも、PS4版やPC版、Xbox One版などで遊び続けている人は少なくない。

しかしシリーズの最新作が約8年前というのは、なかなか珍しい事態。さすがにユーザーは飽きてしまったようで、国内外の多くのプレイヤーが続編のリリースを今か今かと待ち続けているのが現状だ。

そんな中、「グランド・セフト・オート V」のPS5版が2022年に発売されることが明かされたのだが、今さらバージョンアップに喜ぶプレイヤーは少なかったようだ。トレーラー映像ではPS4版との違いもハッキリしておらず、世界中のユーザーから《これって本当に拡張・強化されてる? PS4版との違いがわからない》《2013年から多くのプレイヤーが体験してきたゲーム映像をトレーラーとして流されても…》《「シームレスなキャラクターの切り替え」を宣伝文句にしているけど、それってSSD搭載のPS5だからってだけなのでは?》《次回作はPS6版の「GTA V」ですか?》といった辛辣な声が寄せられている。

望まれない新作で炎上してしまうビッグタイトル

ちなみに『PlayStation』のYouTube公式チャンネルで公開されたトレーラーには、2.7万件の高評価に対し、およそ16万件もの低評価が。そしてゲームソフトメーカー『Rockstar Games』の公式チャンネルで公開された同じ動画にも、3.4万件の高評価に対し、14万件もの低評価が付いていた。

そんな「グランド・セフト・オート」シリーズに限らず、近年ユーザーが望まない新作を発表して炎上するビッグタイトルは少なくない。たとえばハスクラ系RPGの金字塔と言われている『ディアブロ』シリーズも、2018年にスマートフォン向けゲーム『ディアブロ イモータル』を新作として発表して炎上。この時もファンは長い間『ディアブロ III』を遊び続けており、『ディアブロ IV』の発売を待ち望んでいたという背景があった。ちなみに翌2019年に『Blizzard Entertainment』は、待望の『ディアブロ IV』を『BlizzCon 2019』で発表している。

ただ望まれない新作で炎上してしまうタイトルは、裏を返せばそのシリーズに多くのファンが期待を寄せているということ。もしこの先『GTA VI』のリリースが正式に発表されるようなことがあれば、今回批判していたユーザーも手のひらを返して大喜びすることだろう。

文=大上賢一

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】