劇場版『名探偵コナン』新作の情報をポロリ!? タイトルをめぐって“推理合戦”勃発

劇場版『名探偵コナン』新作の情報をポロリ!? タイトルをめぐって“推理合戦”勃発

『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

人気ミステリー漫画『名探偵コナン』の作者・青山剛昌が、来年公開される予定の新作劇場版について謎めいたヒントを公開。原作者から提示された〝謎〟を解くため、SNS上ではファンたちの推理合戦が盛り上がっている。

青山は「どうぶつの森」シリーズの熱心なユーザーであり、『とびだせ どうぶつの森』では「マサカズ た村」、『あつまれ どうぶつの森』では「ミスター・なが島」という場所を公開していることでお馴染み。今回はその村にて、新作劇場版のタイトルが「○○○。ンのハ○○○」だという情報が明かされた。「。」の部分は、恐らく拗音か促音のような小さい文字を示しているようだ。真ん中の「ンのハ」以外は全て穴埋めとなっているのだが、どのような文字が当てはまるのだろうか。

SNSなどで考察しているファンの声を見てみると、《始めの言葉は「青春(セイシュン)」と予想》《高佐カップルと警察学校組がメインの映画だから、◯◯◯。ンは「青春(セイシュン)」っぽいよな》《コナン、多分「青春」のなんたらだと思う》《左は多分「青春の」だろうけど…右はなんだろう》といった推論が。最初の5文字を「青春」と予想する人が多いようだ。

また、右側の「ハ」から始まる4文字に関しては意見が割れており、「花びら」「花弁」「花嫁」「葉桜」などさまざまなワードが。新作映画は警察学校組にスポットを当てたエピソードになると囁かれているため、「花」や「桜」といった言葉が入ると予想されている。

最新情報は「どうぶつの森」が一番早い?

青山が「名探偵コナン」の最新情報を「どうぶつの森」で明かすのは、今回が初めてではない。それどころか、ほとんどの場合は『少年サンデー』本誌や公式ツイッターよりも情報が早いという。たとえば『名探偵コナン 純黒の悪夢』が公開される前も、「つぎのエイガは アムロvsアカイ!」などと映画の核心となる情報を公表していた。

そのためコアなファンの間では、「名探偵コナン」の最新情報を追うために「どうぶつの森」をプレイするという謎の文化が定着している模様。《初見はすげー文化だなと思ったけど秒で慣れた》《毎週月曜日に、何かしらの情報くるからな》《コナンのネタバレがどうぶつの森っていう謎文化が好き》《まさかどう森にそんな使い方があったかと思ったよね》といった声もあり、もはや「どうぶつの森」はファンの必須アイテムとなっているようだ。

「コナン」の新作劇場版が公開されるのは、おそらくまだ先のこと。今後も情報のニオわせがあるかもしれないので、気になる人は覗いてみてはいかがだろうか。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

【あわせて読みたい】