アニメ『ONE PIECE』994話ヤマトの“お色気シーン”に大興奮「スタッフに感謝!」

アニメ『ONE PIECE』994話ヤマトの“お色気シーン”に大興奮「スタッフに感謝!」

『ONE PIECE』100巻(尾田栄一郎/集英社)

大人気アニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)の第994話『赤鞘一騎打ち 菊之丞VSカン十郎』が、10月3日に放送された。健全な内容で知られる同作だが、今回は珍しく女性キャラクターの〝あられもない姿〟が描き出され、少年少女たちをドギマギさせてしまったようだ。

※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れています

ついにビッグ・マムとカイドウが揃い、ひとつなぎの大秘宝「ONE PIECE」を手に入れることを宣言。さらにカイドウはワノ国の都を武器工場に作り替えることを提案し、将軍である黒炭オロチは激怒する。するとカイドウはその場でオロチの首を斬り、ワノ国は完全にカイドウの支配下に置かれてしまった。

状況を見守っていたルフィは、カイドウの付近にモモの助がいることを知る。そしてモモの助を救出するべく、ヤマトを強引に引っ張ってカイドウのもとへ。その一方、カイドウの本拠地・鬼ヶ島の裏側では、「赤鞘」の菊之丞とカン十郎による因縁の戦いが始まろうとしていた──。

はやくも“お色気”キャラが定着か!?

オロチの死や菊之丞のバトルなど、緊迫した空気が漂う今回のエピソード。手に汗握る展開に視聴者も大興奮のようだが、最も注目を集めたのは意外にもルフィがヤマトを連れ出したシーンだった。

その理由は、ルフィがヤマトの胸倉をダイナミックに掴んだため。ヤマトは素肌に薄い布を直接身にまとっている恥じらいのない人物だが、ルフィが乱暴に布を引っ張ったため、バストの部分がほとんど丸見えとなってしまったのだ。「ワノ国編」はおとぎ話の「桃太郎」をモチーフとしているらしいが、このシーンにはどんぶらこと流れてくる大きな桃を連想せずにはいられない。

あまりに唐突な印象があるヤマトのチラリズムだが、こちらは原作では描かれていないアニメオリジナルの描写。視聴者たちもさすがに興奮したようで、ネット上では《そこ引っ張ったらヤマトの乳見えちゃう!》《ルフィったらヤマトの襟引っ張って乳を…。ありがとうございます》《アニメスタッフに感謝を!》《乳がけっこうやばいことになってたぞ。いいのかあれ。思春期男子は大興奮やぞ》といった声が続出している。

ちなみに近年の「ONE PIECE」は、お色気シーンが連発されて物議を醸している模様。もともとダイナマイトボディのキャラが多い作品ではあるが、「ワノ国編」突入と同時に一層拍車がかかっているようだ。しかもその裏には人気アニメ『鬼滅の刃』2期「遊郭編」の放送に対抗しているといったウワサも…。

はたしてヤマトのお色気による鬼退治は成功するのだろうか。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』100巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去のアニメ「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】