『無職転生』2期で炎上アニメの汚名を返上!? 圧倒的な作画で「覇権アニメ」候補に

『無職転生』2期で炎上アニメの汚名を返上!? 圧倒的な作画で「覇権アニメ」候補に

『無職転生』2期で炎上アニメの汚名を返上!? 圧倒的な作画で「覇権アニメ」候補に (C)PIXTA

「小説家になろう」の大人気小説をアニメ化した『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』(TOKYO MXほか)の第2クールが、10月3日より放送スタート。圧倒的な作画力によってはやくも話題を呼んでおり、視聴者の間では「覇権アニメ候補」との声があがっている。

※アニメ『無職転生』最新話の内容に触れています

同作は34歳の引きこもりニート男が異世界に転生し、ルーデウスという少年として成長していくストーリー。第2期の1話(通算12話)にあたる『魔眼を持つ女』では、強烈なインパクトのある新キャラクターが登場するエピソードが描かれた。

魔大陸最南端にある港町のウェンポートに到着したルーデウス、エリス、ルイジェルドの3人。ミリス大陸に渡ろうとするものの、ルイジェルドが他の民から忌み嫌われているスペルド族だったことで、高額な渡航費をふっかけられてしまう。

一行は港に足止めされてしまうが、ルーデウスは夢のなかでヒトガミに助言を受けることに。その言葉通りに行動したところ、路地裏で〝魔界大帝〟を名乗る少女、キシリカ・キシリスと遭遇する。空腹のキシリカを助けると、そのお礼として一瞬先の未来が見える〝魔眼〟を授けられるのだった──。

圧倒的な作画とチート設定に大興奮

第12話は全体を通して、キャラクターがぬるぬると動く作画技術が視聴者を圧倒した。とくに冒頭のエリスとルイジェルドの組手シーンは、コマ送りをしても画が崩れていないという驚異の完成度となっている。そのレベルの高さに、視聴者たちは《開幕からあまりに高い作画力で殴ってくる》《相変わらずえげつない作画してますねぇ》《TVアニメの域を超えてる気がする》《覇権候補はひと味違いますね…》《どれを取ってもこの作品は異世界系の中で飛び抜けている》と慄いているようだ。

また、今回は「なろう系」らしく、チート的な能力が導入されたのも大きな見どころだ。未来を予知する魔眼「予見眼」は使いこなすことが難しいらしいのだが、ルーデウスはわずか1週間でコントロールする術を習得。その結果、格闘にすぐれたエリスをあっさりと倒せるほどに強くなっている。ただ、さすがにルイジェルドにはまだ敵わないようなので、今後ルーデウスがチート能力をいかに成長させていくのか気になるところだ。

「高度な作画技術」に「主人公の新能力」と、覇権アニメにふさわしいスタートをきった同作。しかしその一方で、女性キャラクターの際どいサービスシーンも健在だった。第1クールではサービスシーンが原因で度々炎上騒ぎが起こっていたが、第2クールでは果たしてどんな評価を受けるだろうか…。

文=ゴタシノブ

【画像】

evgenyatamanenko / PIXTA

【あわせて読みたい】