『スマブラ』ソラの参戦にシラケ声も…「信者かわいそう」「ヨイショしすぎ」

『スマブラ』ソラの参戦にシラケ声も…「信者かわいそう」「ヨイショしすぎ」

『スマブラ』ソラの参戦にシラケ声も…「信者かわいそう」「ヨイショしすぎ」  (C)PIXTA

大人気ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に、『キングダム ハーツ』シリーズの主人公・ソラが参戦することが明かされ、国内外のゲームファンが大いに湧いている。最後の参戦キャラクターとして相応しいネームバリューを持っているはずだが、あまりに持ち上げすぎなファンを見て、冷めてしまう人も少なくないようだ。

ソラの参戦が発表されたのは、10月5日にYouTubeで配信された『【スマブラSP】最後のスペシャル番組』でのこと。この配信は同時接続者数が80万人を超え、国内では歴代2位の記録を叩き出すほどの注目を浴びた。

実際に参戦が発表された際の声を見てみると、《任天堂さん頑張ったなぁ》《任天堂すごいな…(著作権的な意味も含めて)》《ディズニーとコラボするのはさすがにヤバすぎる ニンテンドー最強だぜ!》《任天堂がディズニーという大きい版権に勝った》といった声が。ちなみに『キングダム ハーツ』シリーズのキャラクターに関する著作権は、あの『ディズニー』が管理しているとされているため、ソラもれっきとしたディズニーキャラクターだと言える。

そんな「ディズニー」は著作権に厳しいことで知られており、「丸3つで夢の国にご招待される」といった都市伝説まがいの風説が冗談交じりに語られるほど。そのため「任天堂」と「ディズニー」のコラボを過剰に持ち上げる人も多いのかもしれないが、冷静な人々からは《任天堂信者はちょっとヨイショしすぎのきらいがある》《無許可でキャラクターを使うことに厳しいってだけでは?》《ソラ如きで大喜びしてる信者かわいそうだわ》《ミッキーが出たらすごかった》といった声もあがっている。

「ディズニー」とのコラボは本当に特別?

いちゲームファンとしてソラの参戦は確かに喜ばしく、また世界的にも望まれていたキャラクターだと思うが、ディズニーとのコラボだからすごいは持ち上げすぎかもしれない。というのも、ディズニーとコラボしたゲームはこれまでも数多くあり、そもそも「キングダム ハーツ」がその最たる例。他にも『モンスターストライク』がミッキーマウスとのコラボを実現させていたり、「ファッションセンターしまむら」と「キングダム ハーツ」がコラボしたことなどもあった。

《ミッキー参戦したら最強だった》などとも言われている通り、もしソラではなくミッキーが参戦してピカチュウなどと殴り合いをすることがあれば、まさに奇跡。どれだけ「任天堂」が持ち上げられても不思議ではない。ただソラに関しては、もともとキーブレードで戦うキャラとして作られているので、「スマブラSP」に参戦しても世界観的にはマッチしており、歴史的快挙と言わんばかりの称賛には違和感を抱いてしまう。

これまでのゲーム史を振り返れば、むしろ『バンジョーとカズーイの大冒険』のキャラクターが参戦したことの方が歴史的だと思えるのだが…。やはり夢の国から黒服の人が来るだとか、任天堂法務部がどうのといった話は、みんな大好きなようだ。

文=大上賢一

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】