『進撃の巨人』リヴァイのフィギュアが炎上!『ギャグマンガ日和』風の“邪神像”爆誕

『進撃の巨人』リヴァイのフィギュアが炎上!『ギャグマンガ日和』風の“邪神像”爆誕

『進撃の巨人』リヴァイのフィギュアが炎上!『ギャグマンガ日和』風の“邪神像”爆誕 (C)PIXTA

人気アニメ『進撃の巨人』と『NTTドコモ』のコラボキャンペーンにてリヴァイ兵長のフィギュアが発売されたのだが、そのクオリティが低すぎることが話題に。購入者からはクレームが殺到し、作り直しを求める署名運動にまで発展してしまったようだ。

問題となっているフィギュアは、2021年2月~3月のコラボキャンペーンで制作されたもの。TVアニメ『進撃の巨人』の劇中戦闘シーンを再現し、リヴァイが立体起動装置で華麗に舞っている姿がフィギュア化されている。ちなみに価格は1万3000円と高価で、購入権は抽選で500名と限られていた。

ファンなら誰もが欲しがるであろう限定感溢れる代物だが、発送されたものの多くが破損などのトラブルに見舞われている模様。また、そもそもフィギュアとしてのクオリティーに問題があったことも怒りを買っている。ネット上の購入者たちは、《エフェクト折れてるし、さらに折れてる欠片はないし、1万以上するフィギュアの出来とは思えない》《リヴァイのフィギュア届いたけどバッキバキだった…》《返品・交換よりも顔を作り直してくれ…交換だけじゃ納得がいかん…》《正直1万3千でこのクオリティなのかなって思ってしまった》と大荒れ状態だ。

しかもこのフィギュア、とくに顔面に致命的な問題を抱えているよう。すでに令和の〝邪神像〟として注目を浴び始めている。

“増田こうすけタッチ”のリヴァイが爆誕

リヴァイといえば、鋭い目つきにシャープな顔立ちが特徴のキャラクター。だが、今回製造されたフィギュアは、覇気のない目と妙にふっくらした頬がチャームポイントとなっている。もはやリヴァイのそっくりさんと言っても過言ではない顔つきだ。

そこでネットユーザーの間では、独特のタッチで知られる増田こうすけの『ギャグマンガ日和』を連想する人が続出。《ソードマスターヤマトじゃん。デザインますこう先生じゃね?》《ギャグマンガ日和にしか見えない》《まじで何度見ても日和絵柄なんよな…》《今からでもヘルシェイク矢野ってことにした方が良かったんじゃないかな》などとネタにされている。

もちろん購入者にとってはたまったものではないため、『Change.org』では全面的な作り直しを求める署名プロジェクトもスタート。その甲斐あってか、10月10日にはキャンペーンの公式ツイッターが謝罪するとともに、「対応方法を検討しております」と発表している。

同様の騒ぎとしては、以前『マクドナルド』のハッピーセットにて『NARUTO -ナルト-』のうちはサスケがフィギュア化されたことが。こちらも「シュールすぎる」とネタにされ、一時期は数万円台でやりとりされるほどプレミア化していた。

今は非難轟々なリヴァイのそっくりさんフィギュアだが、数年後にはサスケと同様に貴重なプレミアムアイテムと化すかもしれない。「ギャグマンガ日和」ファンが欲しがる可能性もあるので、今後の動向に注目だ。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】