『電撃文庫』が“百合”を冒涜!? 新作ラノベに「不快感がすごい」「全てにおいてアウト」

『電撃文庫』が“百合”を冒涜!? 新作ラノベに「不快感がすごい」「全てにおいてアウト」

『電撃文庫』が“百合”を冒涜!? 新作ラノベに「不快感がすごい」「全てにおいてアウト」 (C)PIXTA

『第28回電撃大賞』で金賞を獲得したライトノベル『百合少女は幸せになる義務があります』が、2022年3月10日に電撃文庫より発売される予定。同作のあらすじが公開されたのだが、その内容が〝百合〟を愛する人々の逆鱗に触れてしまったようだ。

同作は平凡な高校生・大神司とクラスメイトの来栖川綾香、姫宮桜子が三角関係に陥るラブコメ作品。もともとは綾香が桜子に友達以上の感情を抱いていたのだが、途中から司が2人から好意を寄せられるように…というあらすじらしい。

タイトルに「百合」と入っているため、読者は女性キャラ同士の密接な関係性を期待するはず。しかしこのあらすじでは男性キャラがその女性の間に入り、ハーレムのような様相を呈しそうな気配だ。言うまでもなく、百合ジャンルにおいて男性が混ざってくるのはタブー中のタブーとされている。

当然、百合界隈の人々はこの設定を快く思わなかったようだ。ネット上では《あらすじ読んだだけでも不快感がすごい》《この幸せが仮に異性と恋愛することを表してるなら、グロテスク過ぎて吐く》《全てにおいてアウトすぎるんですが電撃文庫くんはさあ…》《まーた百合に挟まる男案件かよ。百合がヘテロの餌にされると思うとはらわたが煮えくり返りますよこれは…》といった怒りの声が噴出している。

百合作品の殿堂だった電撃文庫

同様の事例としては、10月8日に同じく電撃文庫から発売された『琴崎さんがみてる ~俺の隣で百合カップルを観察する限界お嬢様~』の炎上騒動が記憶に新しい。同作はYouTubeで配信されている人気百合漫画をノベライズした作品だが、小説版ではなぜかメインキャラとして男子生徒が登場することに。百合が大好きな女子高生・琴崎イリアと男子生徒とのラブコメ要素が追加され、発売前から批判が殺到していた。作者には「百合作品に触れたことがない層にも読んでもらいたかった」という意図があったらしいが、百合ジャンルにおける常識を打ち破ったことは確かだろう。

こうして界隈をざわつかせている「電撃文庫」だが、もともとは百合ジャンルの殿堂とも言える存在だった。アニメ化もされた百合のバイブル『安達としまむら』シリーズを筆頭として、人気百合漫画『やがて君になる』の外伝小説『やがて君になる 佐伯沙弥香について』などの名作を輩出。昨年から今年にかけても、『百合に挟まれてる女って、罪ですか?』や『彼なんかより、私のほうがいいでしょ?』といった新たな百合作品を刊行している。百合好きの間で高い評価を得ていた分、立て続けのタブー破りによって《いい加減、電撃文庫は信用ならなくなってきた》《電撃に対する百合オタクからの信用はもう滅茶苦茶》と評価が暴落しつつある印象だ。

とはいえ、件の「百合少女は幸せになる義務があります」で、ヘテロ的な関係性が描かれるかはまだ確定していない。主人公の大神司は一人称が「俺」だが、叙述トリックで「実は女」だったというどんでん返しがあるかもしれない。

発売前から物議を醸してしまった同作だが、いい意味で予想を裏切る作品となることを期待したいところだ。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】