格ゲーは“意識高い系ラーメン”に成り下がった…!? オワコンと言われてしまう理由

格ゲーは“意識高い系ラーメン”に成り下がった…!? オワコンと言われてしまう理由

格ゲーは“意識高い系ラーメン”に成り下がった…!? オワコンと言われてしまう理由 (C)PIXTA

今年に入って数々の話題作が発売されている「格闘ゲーム」だが、それでもオワコンというイメージを持つゲーマーは少なくない模様。本当に衰退してしまったコンテンツなのかどうかはともかく、どうして格闘ゲームというジャンルは、ここまで未来を絶望視されてしまうのだろうか。

ネット上では実際に「格ゲーがオワコンになってしまった理由」について定期的に議論されており、最近でも《面白いジャンルが増えて淘汰された》《格ゲーって意識高い系ラーメンみたいな存在になっちゃったよな》《原因は面白くなるまで時間がかかるから。勝てるまで労力を要する》《感覚的に楽しめないからだろ》といった声が。やはり「とっつきにくい」「ハードルが高い」などのイメージが定着してしまったことに、オワコン化が叫ばれる原因があるようだ。

ただ現状の格闘ゲーム界隈が本当にオワコンなのかは微妙なところ。確かに全盛期だった90年代と比べると勢いがない印象だが、今年6月に発売された『GUILTY GEAR -STRIVE- 』は、発売から1週間も経たないうちに全世界販売本数30万本を達成していた。

また「メルブラ」シリーズの新作『MELTY BLOOD:TYPE LUMINA』も好調で、Steam版が全世界売上ランキング1位を達成し、プレイヤー同時接続数もピーク時には1万を超えるという。空前の大ブーム…とは言えないにしろ、オワコンと揶揄されるほど売れていないわけでもないのだ。

格闘ゲームが「覇権コンテンツ」になれない理由

それでも事あるごとに「格ゲーは衰退した!」と言われてしまうのは、やはり『Apex Legends』などの人気ゲームと比較されてしまうからだろう。実際に「Apex」のプレイヤー同時接続数は、Steam版だけで30万を突破したこともあり、文字通り桁違い。今後格闘ゲームが、「Apex」ほどの盛り上がりを見せる可能性はあるのだろうか。

たとえば格闘ゲームの欠点としてあげられがちな「とっつきにくい」「ハードルが高い」という問題だが、より踏み込んで言えば「対戦が成り立つレベルになるまで遠い」ということだと考えられる。「Apex」のようなバトロワゲームは運要素も絡むため、初心者でもそれなりにゲームを楽しめるが、ほとんどの格闘ゲームは何もわからないまま負けてしまう。

ちなみに格闘ゲームはそこまで複雑なゲームではなく、最低限「対空技」「投げ」「地上技」「ガード」だけでも知っていれば一応対戦が成り立つのだが、そのことをチュートリアルで教えてくれるゲームは見当たらない。その結果いきなり面倒くさいコンボ練習などに手を出し、挫折してしまう初心者が多いのだろう。

他にも「Apex」などの人気ゲームと違い、基本無料ではないのも初心者にとってハードルが高い原因。また一部のプレイヤーを除いて、「アーケードコントローラー」という特殊なデバイスを持っているプレイヤーが有利になってしまうゲームシステムも考え物だ。格闘ゲーム全体のプレイヤー人口を増やすためには、やはり入口は広くなくてはならない。

「もう日本では流行らない」と格闘ゲームの今後を絶望視している人も多いが、まだまだやりようはあるはず。今までのイメージを払拭してくれる、画期的な格闘ゲームの登場に期待したい。

文=大上賢一

【画像】

Syda Productions / PIXTA

【あわせて読みたい】