『鬼滅』『アイマス』『B4B』“新作ゲーム”ラッシュも内容は期待外れ!?

『鬼滅』『アイマス』『B4B』“新作ゲーム”ラッシュも内容は期待外れ!?

『鬼滅』『アイマス』『B4B』“新作ゲーム”ラッシュも内容は期待外れ!? (C)PIXTA

先日、『TSUTAYA online』にて10月11日~10月17日付けのゲーム売上げランキングが発表された。数々の新作タイトルがひしめく激戦区となったが、一体どの作品がランキングを制したのだろうか。

先週の注目作を振り返ってみると、10月12日には協力型ホラーFPS『Back 4 Blood』が発売。同作は『Left 4 Dead』シリーズのスタッフが手掛けた〝精神的後継作〟と言われており、ファンの間で大きな注目を集めていた。また、10月13日には言わずと知れた人気作『鬼滅の刃』の格闘ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』もリリースされている。その他にも、『アイマス』シリーズのコンシューマーゲームとしては4年ぶりの新作となる『アイドルマスター スターリットシーズン』など、さまざまな新作タイトルが集結した。

そんな過酷なゲームラッシュにおいて、7位に輝いたのがPS4版の「アイドルマスター スターリットシーズン」。同作には「シャニマス」や「ミリマス」など、さまざまな作品のキャラが登場するため、「アイマス」シリーズのコンテンツ力からするとやや物足りない順位かもしれない。

そしてトップ3を見てみると、ハードなゲーム性にもかかわらず「Back 4 Blood」のPS4版が3位にランクイン。1位と2位は「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」が独占しており、PS4版とPS5版でワンツーフィニッシュを決める結果となった。やはり「鬼滅の刃」ブームはまだまだ健在ということだろうか。

売上の反面、ゲームとしての評価は五十歩百歩?

熾烈なデッドヒートを繰り広げた新作ゲームだが、今後もこの勢いを保てるかどうかは微妙かもしれない。というのも、いずれも購入者からの反応は賛否両論といった様子だからだ。

たとえば「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」に関しては、キャラゲーにもかからず《とにかくキャラクターが少ない。キメツ学園でかさ増し感ある》《肝心の収録キャラクターも18人と少な過ぎる、18人のうち3人が炭治郎とかさ増しが酷い》といった声が多い。今後ダウンロードコンテンツ(DLC)でキャラクターが追加される可能性もあるが、それまでユーザーが辛抱してくれる保証はないだろう。

また、「Back 4 Blood」は「L4D」シリーズのファンが主なターゲットになりそうだが、その反応は微妙なところ。新たに導入された要素が気に入らないユーザーも多いようで、《B4Bは正直がっかりしました》《カードとか武器とかパワーアップとかとにかくめんどくさい》といった声も目立つ。

「アイドルマスター スターリットシーズン」に関しては、発売当初から騒がれている高額なDLCが評価の足を引っ張っている印象。訓練されたプロデューサーであれば意に介すほどの金額ではないのかもしれないが、それでも《結局なんでも課金! そして値段も正直高すぎる》と拒絶反応を示すユーザーはゼロではない。

「Amazon」で上記3作品のページを見てみると、いずれもユーザー評価は星3~3.5程度にとどまっている。もちろんまだ評価は固まっておらず、絶賛する声も上がっているため、ここから巻き返してくれる可能性もあるだろう。この中から名作として語り継がれるタイトルは出てくるだろうか…。

文=大上賢一

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】