ジャンプギャグ漫画の血統…『僕とロボコ』パロディー路線に「もて王サーガに通ずる」

ジャンプギャグ漫画の血統…『僕とロボコ』パロディー路線に「もて王サーガに通ずる」

ジャンプギャグ漫画の血統…『僕とロボコ』パロディー路線に「もて王サーガに通ずる」(C)PIXTA

『僕とロボコ』といえば、『週刊少年ジャンプ』でいま最も勢いのあるギャグ漫画。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で取り上げられたり、『ファミリーマート』でコラボケーキが作られたりと、話題には事欠かない。その見どころは尖ったパロディーギャグにあるが、同作に『太臓もて王サーガ』の面影を感じる人も多いようだ。

「僕とロボコ」は兵器に匹敵するパワーを持つメイドロボットであるロボコと、小学生・平凡人との日常が描かれた作品。一方、2005年から約2年「ジャンプ」で連載されていた「太臓もて王サーガ」は、女の子にモテるために人間の世界を訪れた〝間界〟の王子・百手太臓が主人公のギャグ漫画だ。

どちらの作品も、「ジャンプ」漫画のパロディーが執拗なほどに盛り込まれているのが大きな特徴。両作を知る人々からは、《ロボコは太臓もて王サーガに通ずるものがある》《ロボコ、もて王の遺伝子感じて好き》《僕とロボコ、今週のアンケ話とか本誌で読むからこその面白さがあるので令和の太臓もて王サーガだよ》《毎週クソおもしろいですよロボコ。『太臓もて王サーガ』とか、たまに現れるジャンプ内のメタジャンプパロディーマンガですが、その構造の限界に自己言及しながらも毎週練られに練られてて感心しちゃいます》といった声があがっている。

似ているけど違う? 時代の違いを感じる魅力

「僕とロボコ」はいわば令和版「太臓もて王サーガ」と言っても過言ではないが、実は大きく異なっている点もある。「太臓もて王サーガ」の場合には、『ONE PIECE』『BLEACH』『NARUTO -ナルト-』『To LOVEる -とらぶる-』など、同時期に連載されている作品の展開をスピーディーにパロっていた。そのため、「週刊誌で読んでいる」というリアルタイムならではの充実感が読者を惹きつけていた印象だ。

他方、「僕とロボコ」では『ドラゴンボール』や『SLAM DUNK』など、往年の「ジャンプ」読者なら誰もが知っている作品のパロディーが多め。『呪術廻戦』や『チェンソーマン』といった最近の漫画が登場することもあるが、「ロボコがジャンプ最新号を読んでいる」というメタなギャグの仕掛けとなることが多い。「僕とロボコ」の方がライトで一般層にも受け入れられる作風だが、「太臓もて王サーガ」はニッチだからこそ爆発的な笑いを生んでいたのだろう。

さらにもう1つ、ギャグの方向性に関しても大きな違いが。「太臓もて王サーガ」は当時の表現規制がゆるかったこともあって、際どい下ネタや誰かひどい目にあう展開で笑いをとるネタがほとんどだった。しかし「僕とロボコ」は、誰かの容姿をバカにしたり人を傷つけることを極力せず、今の時代を象徴するような優しい笑いに特化している。

好みは人それぞれなので、「太臓もて王サーガ」は攻めていて良い、「僕とロボコ」はほっこりして好き…と意見は分かれるところ。いずれにせよ、「ジャンプ」のパロディーギャグ路線が脈々と続いていくことは喜ばしいことだ。

文=野木

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】