アニメ『ワートリ 3rdシーズン』第3話ついにランク戦スタート!「中二心をくすぐられる」

アニメ『ワートリ 3rdシーズン』第3話ついにランク戦スタート!「中二心をくすぐられる」

『ワールドトリガー』23巻(葦原大介/集英社)

大人気SFアクションアニメ『ワールドトリガー 3rdシーズン』(テレビ朝日系)の第3話『作戦』が、10月23日深夜に放送。ついに同作の目玉とも言える「ランク戦」が始まったのだが、あまりにも〝厨二心〟をくすぐる舞台設定に歓喜の声が寄せられている。

※アニメ『ワールドトリガー』最新話の内容に触れています

ヒュースを仲間に加え、心機一転ランク戦に挑む三雲たち「玉狛第二」。今回挑む「B級ランク戦ROUND7」の相手は、東隊・影浦隊・鈴鳴第一(来馬隊)の3隊となる。そこで「鈴鳴第一」が選んだマップは、中心に大きなショッピングモールがある「市街地D」だった。スナイパーの千佳には戦いづらいマップだが、三雲はそれ以外にも何か狙いがあるのでは…と推察する。

ブリーフィングも終わり、いよいよ戦闘開始。マップに転送されると、天候は「晴れ・夜」で固定されていた。しかしトリオン体にはオペレーターによる暗視支援の機能があり、暗がりを利用することは難しいはず。謎めいた要素がちらつく中、ショッピングモール内での〝鬼ごっこ〟が始まった。

バトルの舞台は夜のショッピングモール!

2週にわたって日常回が描かれてきたが、今回よりいよいよバトルがスタート。やはりアニメでダイナミックに動き回るキャラクターたちの姿は格別で、視聴者からも興奮の声があがっている。

とくに注目を集めたのが、「夜のショッピングモール」というランク戦のシチュエーション。誰もいないショッピングモールを縦横無尽に駆け回る展開に、ネット上では《いいなぁショッピングモールでこんなことしてみたい…! 銃はなしに鬼ごっこでいいから!! 夢!!》《ワートリの何がいいかって、こういう中二病ちっくな発想が色々出来るとこだよね》《夜、ショッピングモール、命がけの鬼ごっこ… 中二心をくすぐるな。リア中だったら危なかったわ》といった声が巻き起こっていた。

また、今回の戦闘ではトリオン体の暗視支援にオペレーターの操作が必要。その要素をめぐって、《オペレーターが重要なのがチーム戦のFPSっぽくて面白い》という指摘もあがっている。近年『Apex Legends』や『ボーダーブレイク』といったFPSゲームが流行しているが、同作の独特なバトルシステムはそうしたブームとシンクロしたものと言えるだろう。

今後、「ワールドトリガー」がFPSゲーマーから注目されれば、さらに人気が爆発する可能性も。ひとまずは知略に満ちたバトルシーンが描き出されることを期待しよう。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『ワールドトリガー』23巻(葦原大介/集英社)

◆過去のアニメ「ワートリ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】