アニメ『半妖の夜叉姫』28話ついに犬夜叉&かごめ登場も…「展開が雑」「ないわ~」

アニメ『半妖の夜叉姫』28話ついに犬夜叉&かごめ登場も…「展開が雑」「ないわ~」

アニメ『半妖の夜叉姫』28話ついに犬夜叉&かごめ登場も…「展開が雑」「ないわ~」 (C)PIXTA

『犬夜叉』のその後を描いたオリジナルアニメ『半妖の夜叉姫』(日本テレビ系)の第28話『産霊山の結界』が、10月23日に放送。ついにもろはが両親である犬夜叉&かごめと感動の対面を果たしたが、その演出をめぐって視聴者から不満の声があがっている。

※アニメ『半妖の夜叉姫』最新話の内容に触れています

物語の舞台は「吸妖魂の根」があるという産霊山。とわたちは産霊山に踏み込んだが、結界に封じ込められてしまう。その中で1人、結界から抜け出せたもろはが、妖霊樹の前に辿り着く。

そこでもろはが出会ったのは、麒麟丸の娘・りおん。とわとせつなが結界に閉じ込められていることを教えられたもろはは、とわたちを助けるためふたたび結界に入り込む――。

今回のエピソードで話題になったのは、もろはが結界の中で犬夜叉とかごめに会うシーン。空を飛びながら結界を移動している最中、もろはは眼下に犬夜叉とかごめの姿を見つける。また涙を浮かべながらすれ違うもろはを見て、犬夜叉は「いつの間にか大きくなってたなぁ」と感慨深そうにつぶやくのだった。

感動できない? サッパリとした対面シーンにガッカリ…

もろはは幼い頃から1人で生きてきたため、ほとんど犬夜叉たちと接点を持っていない。そのため一瞬ではあったものの、今回の〝すれ違い〟は感動的なシーンではあった。しかしそれにしては、犬夜叉たちの反応がいささか淡泊すぎるような印象も…。

3人の対面シーンに納得がいかない視聴者は多いようで、ネット上では《自分たちの子どもにやっと会えた犬夜叉とかごめちゃんがあんな反応だけなの!? ウソでしょ。ないわ~》《犬夜叉、てか半妖の夜叉姫、展開が雑な気がせんでもないが… 感動の対面じゃないの?》《犬夜叉、かごめが出てきましたが、全体の必然性としては謎》といった声が続出している。

また、このエピソードを引き金として《物語上の都合とはいえ、犬夜叉とかごめにはちゃんともろは育てさせてあげてほしかったな》《今の犬夜叉&かごめちゃんに対する扱いに関して満足してる人はいないってのがファンの正直な気持ちやと思う》といった不満を漏らす人も。「半妖の夜叉姫」は「犬夜叉」から作品を追っている古参ファンが多い作品。いつまで経っても犬夜叉とかごめが登場せず、もろはと引き離されていることにやきもきしている人が多いのだろう。

このままもったいぶっていると、ファンたちの興味も次第に薄れてしまうかもしれない。できれば殺生丸がとわに天生牙を手渡したように、犬夜叉がもろはに鉄砕牙を託す…といった展開などを見てみたいところだが、この先はどうなるだろうか。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

◆過去のアニメ「半妖の夜叉姫」レビューはこちら

【あわせて読みたい】