『かぐや様』233話“魔性の女”と化した早坂愛に疑惑が…「愛人枠狙ってる?」

『かぐや様』233話“魔性の女”と化した早坂愛に疑惑が…「愛人枠狙ってる?」

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』23巻(赤坂アカ/集英社)

大人気ラブコメ漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の第233話『早坂愛は着替えたい』が、11月4日発売の『週刊ヤングジャンプ』49号に掲載。ベッドの上で早坂愛と白銀御行が甘酸っぱい時間を繰り広げており、読者たちの心をかき乱している。

※『かぐや様は告らせたい』最新話の内容に触れています

かぐやの兄・雲鷹のすすめで、護衛として早坂を住まわせることになった白銀。さっそく自室にやってくると、どんな風に家族に紹介するべきか相談を行っていく。しかしそこで早坂が提案するのは、いかがわしい魔性の案ばかり…。

まずは「家出少女」になりきるという案では、ベッドに横たわり白銀を誘惑するようなロールプレイを披露。続いては制服や髪形を変え、「昔別れた彼女が頼ってきた」という設定で甘い声をかける。最後は冗談めかしてメイド服に着替えるのだが、それが白銀の性癖に刺さったようで目が離せなくなってしまう。おねだりのポーズまでされて、悶えているところを家族に見られると、無事「変態」認定されるのだった。

コスプレ衣装であざといポーズを次々と決めていく早坂は、もはや小悪魔。とくにメイド服&猫耳の破壊力は抜群で、白銀も読者も心を奪われてしまったようだ。ネット上では《早坂ズルすぎる…》《早坂に手玉に取られてえな~俺もな~》《早坂のコスプレショー見られるならいくら騙し取られたってかまわんぞ》といった声が相次いでいる。

早坂の小悪魔ムーブに隠されたメッセージとは?

ほとんど早坂のコスプレショーと化していた今回のエピソードだが、その裏に意外な意味が秘められている可能性も。というのも、早坂には何かと白銀への好意をうかがわせる描写がある。前回も、雲鷹から白銀への好意を探られた際にわかりやすく赤面していた。早坂は自分のことを「新しい彼女」として家族に紹介するよう求めていたが、これもあながち冗談ではなかったのかもしれない。

親友の彼氏に意味深なアプローチを続ける早坂に、読者たちも翻弄されている模様。中には《はーさかさん、会長の愛人枠狙ってない?》《もう今回の時点で主人に隠れてコスプレプレイしてる愛人では? かぐや様と結婚した後も関係続いてそう》といった邪推の声も上がっている。

さすがにまっとうなラブコメ作品で“愛人ルート”に入ることはないだろうが、白銀に対する恋愛感情の有無は気になるところ。同棲編はまだしばらく続きそうなので、倫理的に許される限界まで攻めてみてほしい。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』23巻(赤坂アカ/集英社)

◆過去の「かぐや様は告らせたい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】