TV版『鬼滅の刃・無限列車編』第5話“ぜんねず”ファン歓喜!「善逸かっこいいねぇ」

TV版『鬼滅の刃・無限列車編』第5話“ぜんねず”ファン歓喜!「善逸かっこいいねぇ」

TV版『鬼滅の刃・無限列車編』第5話“ぜんねず”ファン歓喜!「善逸かっこいいねぇ」 (C)PIXTA

TVアニメ版『「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系)の第5話『前へ』が、11月14日に放送された。我妻善逸が竈門禰󠄀豆子のピンチに駆けつける一幕があり、ファンから喜びの声があがっている。

※TV版『鬼滅の刃・無限列車編』最新話の内容に触れています

無限列車と一体化した下弦の壱・魘夢を倒すべく、奮闘する竈門炭治郎たち。魘夢の術中から逃れた嘴平伊之助も加勢し、刃を振るっていく。そんな中、列車内では乗客を襲おうとしている魘夢に禰󠄀豆子が捕まってしまう。

身動きが取れず、苦痛に顔を歪める禰󠄀豆子だったが、そこに眠ったままの善逸が颯爽と登場。善逸は「雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃 六連」と呟き、すさまじい速度の剣技を繰り出す。おそらくは無意識の状態ながら、善逸は見事に禰󠄀豆子を守ってみせるのだった。

今回とくに視聴者から反響が大きかったのは、脅威を排除した後に善逸が「禰󠄀豆子ちゃんは俺が守る」と男らしく言うシーン。普段はコメディー要員として叫び声をあげている善逸が、想い人のために敵に挑む姿に思わずときめいてしまった人も多いようだ。

“ぜんねず”の組み合わせに心を乱されるファン

一般視聴者には聞き覚えがない話かもしれないが、「鬼滅の刃」のファンには善逸と禰󠄀豆子の絡みを好物とする人が多く存在し、「ぜんねず派」とも呼ばれている。しかもこの組み合わせは、「鬼滅の刃」の人間関係でも〝最大手〟と言えるほどの人気っぷり。今回の「禰󠄀豆子ちゃんは俺が守る」発言は、そんな「ぜんねず派」にとってたまらないシーンだったらしい。

ネット上では《「禰󠄀豆子ちゃんは俺が守る」きたーー! 最高のぜんねず》《俺が守るっていうシーン本当ぜんねずって感じで、テレビでまた見れて良かった》《善逸かっこいいねえ。ぜんねず好きです》《ぜんねずーーーっ! 一瞬で車両ぶち抜いて王子様のごとく颯爽と現れる善逸っちゃんは何回見てもかっこいいっ!》といった声が相次いでおり、その人気の高さがあらためて浮き彫りとなった印象だ。

ちなみに第5話は、『Netflix』配信版のみ〝ぜんねず〟の新規シーンが追加されていたそう。何かの手違いだったらしく、他の配信メディアでは該当シーンが存在せず、すでに『Netflix』配信版でも削除されている。偶然この場面を拝むことができたファンたちは、戸惑いつつも喜びを隠せないようだ。

グッズなどでも〝ぜんねず〟が推されることがあるため、もしかすると公式も2人の甘酸っぱい関係性を応援しているのかもしれない…。

文=城門まもる

【画像】

Benzoix / PIXTA

◆過去のアニメ「鬼滅の刃・無限列車編」レビューはこちら

【あわせて読みたい】