『ドラゴンボール改』32話ギニューと悟空の“アニオリシーン”にツッコミ「いいから戦え」

『ドラゴンボール改』32話ギニューと悟空の“アニオリシーン”にツッコミ「いいから戦え」

『ドラゴンボール改』32話ギニューと悟空の“アニオリシーン”にツッコミ「いいから戦え」 (C)PIXTA

大人気アニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ系)の第32話『真打ち登場!? ギニュー隊長vs孫悟空』が、11月23日深夜に再放送された。作中では「ギニュー特戦隊」の隊長・ギニューと悟空のバトルが始まったが、2人のコントのようなやりとりに爆笑の声が続出している。

※アニメ『ドラゴンボール改』最新話の内容に触れています

「ギニュー特戦隊」のリクームを撃破した悟空は、続けてバータをも圧倒。そんな中、敵前逃亡を図っていたジースが、ギニューを連れて悟空たちのもとへ帰還する。すると早速ギニューは悟空に攻撃を仕掛け、一騎打ちが始まった。

激しい攻防が繰り広げられ、両者一歩も引かない互角の戦いを見せる2人。そしてギニューは悟空の強さを認め、お得意の「ウルトラファイティングポーズ」を披露するのだった──。

しかし緊迫感に満ちた戦闘は、ここから雲行きが怪しくなってくる。ギニューが「ウルトラファイティングポーズ」を見せつけると、悟空もポーズを真似し始め、張り詰めた空気が一気に緩みだすのだ。

またポーズを真似する悟空に対して、ギニューから「足が逆だ!」と厳しいツッコミが。悟空が「それにしてもおめぇたち、みんな変わった構えするんだな?」と疑問を投げかけると、ギニューは顔を赤らめながら「なんだと! 貴様にはウルトラファイティングポーズの華麗さが分からんのか!」と反論していた。

ギニューもノリノリ? 2人が見せた掛け合い漫才

生死を賭けた戦闘中にもかかわらず、どこかほのぼのとするようなコントを続ける悟空とギニュー。このやりとりに視聴者たちも思わず笑ってしまったようで、ネット上では《ギニュー隊長の真似する悟空、本当にかわいいwww》《いいから戦えよ!》《あんまり笑わせないでくれ》《ほんとここのシーン大好き(笑)》《ナメック星編は結構シリアスだから、2人の漫才は小休憩にちょうどいい》といった声が巻き起こっていた。

冷静になって考えれば、そもそもギニューの「ウルトラファイティングポーズ」は単体でもツッコミどころ満載。到底真面目に戦っているようには見えない仕草なので、悟空から辛辣な言葉を浴びせられるのも当然と言えるだろう。天然ボケの悟空からツッコミを入れられる、というのも中々屈辱的かもしれないが…。

ギニューと悟空の戦闘シーンは、まさにボケ×ボケの奇跡的な化学反応。敵同士とはいえ、即興の小ネタを披露できるという点では相性抜群だ。もし彼らが仲間同士であれば、悟空×ベジータを超える最高のコンビになっていたかもしれない。

文=大獄貴司

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

◆過去のアニメ「ドラゴンボール改」レビューはこちら

【あわせて読みたい】