『ヒロアカ』335話ついに“内通者”発覚!? 疑惑浮上もブラフの可能性も…

『ヒロアカ』335話ついに“内通者”発覚!? 疑惑浮上もブラフの可能性も…

『僕のヒーローアカデミア』32巻(堀越耕平/集英社)

堀越耕平による漫画『僕のヒーローアカデミア』の最新話が、11月29日発売の『週刊少年ジャンプ』52号に掲載された。かねてから議論が重ねられていた“内通者”の正体に迫る展開となり、読者を騒然とさせている。

※『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

アメリカNo.1ヒーロー・スターアンドストライプは敗北したが、死柄木弔に大ダメージを与えることに成功。第335話『有精卵』では、大きく計画が狂ったヴィランサイドの様子が描かれた。

死柄木はオールマイトへの憎しみを燃え上がらせるが、オール・フォー・ワンは余裕の表情。それを見た荼毘はヒーローたちへの襲撃を急かすのだが、オール・フォー・ワンは何十年も前から別の手段を用意していたことを明かす。「雄英高校」の内部に「友達」、すなわち内通者がいることを仄めかすのだ。

内通者らしき人物として描かれていたのは、透明な体の人物。その姿からすると、明らかに1年A組のクラスメイト・葉隠透だった。

彼女は透明人間になれる個性をもち、偵察スキルに優れているため、以前から内通者説が囁かれていた。葉隠が内通者だと確定したような描写に、ファンの間では《内通者、葉隠ちゃんなの…ショック…》《葉隠ちゃん内通者説むりなんだが…》《ヒロアカ最推しの葉隠ちゃんが内通者とか泣くぞ》《A組全力で信じてたし信じてたかったからつらい》《この子以外だったら誰でも良かったんだけど、この子だったのがマジでキツい》《葉隠お前嘘だろおおおおおおお》など、悲痛な叫びがあふれている。

内通者の正体がミスリードである可能性も?

1年A組に内通者が潜んでいるという説は、コミックス2巻で描かれた「USJ襲撃事件」以降ウワサされ始めたもの。第13話『救助訓れ』では、ヴィランの黒霧が「雄英高校」の内部資料を何者かから受け取ったと思われる発言が。そして「夏の林間合宿」でも、関係者しか知らないはずの合宿地がヴィラン連合に特定されていた。

葉隠に関しては「USJ襲撃事件」の際、青山優雅と共に所在が不明になっており、怪しい人物だと疑われたことも。「夏の林間合宿」では、夜中に部屋を抜け出していた疑惑があり、こちらも内通者説の根拠となっている。

今回でついに彼女の疑惑が確定したようにも思えるが、まだ決定的なところは描かれていない。読者の間では、ラストシーンの描き方が《ミスリードを誘っている》という意見もあるようだ。たしかにこの場面だけだと、内通者に追われて隠れている姿や、葉隠が“本当の内通者”を尾行している姿にも見えるだろう。

あるいは内通者が葉隠1人ではなく、他の人物と協力している可能性も考えられる。だとすると、絆を深めてきたはずのクラスメイトに裏切り者が2人以上いることになってしまうが…。

次回、内通者の正体が明かされることを期待したい。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』32巻(堀越耕平/集英社)

◆過去の「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】