『鬼滅の刃・遊郭編』第5話“須磨ちゃん”大活躍! 東山奈央の演技に「マジでかわいすぎ」

『鬼滅の刃・遊郭編』第5話“須磨ちゃん”大活躍! 東山奈央の演技に「マジでかわいすぎ」

『鬼滅の刃』1巻(吾峠呼世晴/集英社)

アニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』(フジテレビ系)の第5話『ド派手に行くぜ!!』が、1月2日深夜に放送された。今回は人気声優・東山奈央の演じるキャラクター“須磨ちゃん”が登場し、ツイッター上でトレンド入りするほどの話題を呼んでいた。

※『鬼滅の刃・遊郭編』最新話の内容に触れています

遊郭に潜伏していた鬼の居場所が明らかとなり、炭治郎たちはそれぞれ激しい戦闘へと突入。炭治郎が1人で上弦の陸・堕姫と対峙する一方、他の仲間たちは堕姫の“帯”と戦闘を繰り広げていく。

一足先に到着した伊之助は、帯に取り込まれてしまった善逸と、宇髄天元の妻であるまきを、須磨たちを救出。彼らは一丸となって奮闘するものの、苦戦を強いられる。そんな中、宇髄も戦闘の気配を察知。音の呼吸を駆使しながら地上から地下に移動すると、帯を一撃で倒してみせるのだった。

いよいよド迫力の戦闘シーンが始まったが、そこで注目を集めたのが須磨のかわいらしさだ。彼女は黒髪ロングの美しい容姿で、胸元が大きくはだけたくノ一衣装を着こなしているのが特徴。帯との戦闘では泣き顔を披露しつつ、「わたし、あんまり戦えないですからぁ!」などとあざとい声を上げていた。

まるで萌え系アニメから飛び出してきたような須磨を見て、心を奪われた人も多かった。SNS上では《須磨ちゃんかわいすぎて毎日寝る前に鬼滅アニメみてる、須磨ちゃんがとにかくかわいい》《アマプラで須磨ちゃん延々とリピートしてる》《鬼滅の女性キャラで1番かわいいまであるぞ》と大きな反響が巻き起こっている。

“萌え声”に胸キュン!? 実力派声優が大暴れ

須磨の声を担当する東山は、『ニセコイ』の桐崎千棘や『ゆるキャン△』の志摩リンといった役柄で知られている人気声優。高音を自在に操る演技派の役者であり、かわいらしいキャラクターを演じることが多い。

『「鬼滅の刃」遊郭編』でもその実力は遺憾なく発揮されており、ジェットコースターのように揺れる須磨の感情を魅力的に表現していた。あまりにかわいらしい演技に、《須磨ちゃんの声、奈央ちゃんなの解釈一致。ありがとう公式》《須磨がマジでかわいすぎた。東山様偉大》《須磨ちゃんの声が東山奈央さんで最高でした》《これはかわいい。え、本当にかわいい。東山奈央がCVは強すぎ》と絶賛の声が上がっているようだ。

圧巻の演技力で須磨に命を吹き込んだ東山。原作ファンからも「ハマり役」と評価されているので、新たな代表作として語り継がれていくことは間違いないだろう。

文=城門まもる
写真=まいじつエンタ
■『鬼滅の刃』1巻(吾峠呼世晴/集英社)

◆過去のアニメ「鬼滅の刃・遊郭編」レビューはこちら

【あわせて読みたい】