『FGO』ガチャの“消える天井”に不満の声「家だったら欠陥住宅」

『FGO』ガチャの“消える天井”に不満の声「家だったら欠陥住宅」

『FGO』ガチャの“消える天井”に不満の声「家だったら欠陥住宅」 (C)PIXTA

人気スマートフォン向けゲーム『Fate/Grand Order』にて、ついに待望の「天井」が実装された。しかし蓋を明けてみればかなりの鬼畜仕様だったようで、天井は天井でも「藁葺き屋根」などと言われてしまっている。

ソシャゲ界隈における「天井」とは、ざっくり言えばガチャをたくさん引くと確定でレアキャラやレアアイテムがもらえる救済システムのこと。『FGO』の場合は「聖晶石」という課金アイテムでガチャを引き、キャラクターを揃えていくのだが、「天井」は設定されておらず文字通り“青天井”だった。

今回はそんな「FGO」の期間限定ピックアップ召喚より、「確定召喚」という機能が実装されることに。最高レアリティである星5のピックアップ対象サーヴァントが、ガチャを330連回すことで確実に出現するという。

ちなみに購入方法にもよるが、「天井」に到達するためにかかる値段は約5万5000円。ソシャゲに親しんでいない人には高額に思えるだろうが、他のゲームと比べても一般的な価格に収まっている。

「天井」が適用されるのは1回かぎり?

しかし今回ユーザーに問題視されてしまったのは、「天井」までの金額ではない。むしろそれが“消える天井”だったことにある。

「確定召喚」機能は、一度ピックアップ対象のサーヴァントを入手すると、それ以降“青天井”になってしまう模様。それどころか「天井」に到達する前に運良く対象のサーヴァントを引いても、「天井」機能がなくなるそうだ。

あまりに予想外だった「FGO」の新機能に、SNSなどでは《FGOの天井が“消える”仕様、なかなかに先進的だよね。家だったら欠陥住宅だよ》《FGOの天井が天井なのかなんなのかよく分からん仕様で笑う》《今からでも1回だけじゃなくて無制限にしないか?》《FGOの天井の仕様なら100連で天井じゃないと割に合わん》《FGOの天井、本当に嫌々実装したような仕様で草》といった声が。

なお、現在人気のソシャゲ『ウマ娘 プリティーダービー』も散々「ガチャが渋い」などと言われてきたが、それでも「天井」が消えるという仕様ではない。

その他にも、「天井」までの回数が表示されないため、自分で何回引いたか数えなければならないなど、ユーザーの挙げる不満点は多い。そもそも排出率約1%の星5が330連で出ないなんて状況はなかなかの爆死だと思うが、「天井」のお世話になるユーザーはどれくらいいるのだろうか。

文=大上賢一

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】