『ヒロアカ』340話“洗脳ヒーロー”再登場にファン興奮「待ってたよぉおおお!」

『ヒロアカ』340話“洗脳ヒーロー”再登場にファン興奮「待ってたよぉおおお!」

『僕のヒーローアカデミア』32巻(堀越耕平/集英社)

大人気バトル漫画『僕のヒーローアカデミア』の最新話が、1月17日発売の『週刊少年ジャンプ』7号に掲載された。第340話『皆がヒーローになるまでの物語(3)』では、久々に登場したとある人気キャラクターの姿に読者が沸き立っている。

※『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

ヴィランとの最終決戦に向け、オールマイトを中心とした作戦会議が始動。ヴィランを制圧するには、オール・フォー・ワンや死柄木弔を含めた敵主力の全てを分断し、個々に撃破することが必要だと結論付けられた。

この作戦では、ヴィランの内通者だった青山優雅が成功の鍵を握る模様。しかし当の青山は、オール・フォー・ワンへの恐怖心を捨てきれず、作戦に消極的だった。そこで彼の担任である相澤消太は、恐怖を引きはがすために言葉を尽くしていく。

さらに相澤は、青山の不安を拭う打開策があることを明かす。それは「洗脳」を個性に持つヒーロー・心操人使の存在だという…。

意外なタイミングで心操がフィーチャーされたことで、ファンたちは大喜び。ネット上では《心操くんの再登場に拳を突き上げて喜んだ。待ってたよぉおおお!》《心操くん! いいねぇ!! 好きだよ! 好き!! 来週のジャンプも楽しみ~》《相澤せんせめっちゃかっこよかったけど最後の心操くんで全部持ってかれた》《相澤先生にジーンとしてたのに心操くんがデッカく出てきたもんだからアガってしまった》と熱狂の声が上がっている。

久々の登場! 心操のこれまでを振り返る

心操は第23話『うなれ体育祭』で初登場した、「雄英高校」普通科の生徒。2年生に進級した後は、ヒーロー科への編入が決まっている。ヴィランとの戦いが激化してからは出番が少なかったが、最新の人気投票でもトップ10入りしており、根強い人気を誇っているようだ。

心操が人気を集めているのは、その苦難に満ちた生き様に大きな理由がある。彼はもともと「洗脳」という個性を周囲から「犯罪者向き」などと揶揄され、人知れず傷つきながら生きてきた。それでも個性を人助けに生かしたいとヒーローを志していたが、「雄英高校」のヒーロー科は入試で不合格となり普通科へ。その後、目覚ましい活躍によってヒーロー科編入が認められた。

ちなみに彼がヒーローコスチュームを本誌で披露するのは今回が初。ヴィランとの総力戦が、ヒーローとしてのデビュー戦になるのかもしれない。

青山を軸とした作戦に、心操はどのように関わってくるのか。そしてヴィラン相手に、どこまで「洗脳」の能力が通じるのか。彼の活躍にますます目が離せない展開となりそうだ。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』32巻(堀越耕平/集英社)

◆過去の「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】