『東リベ』にタイトル回収フラグ!“リベンジャーズ”が示す意味とは…

『東リベ』にタイトル回収フラグ!“リベンジャーズ”が示す意味とは…

『東京卍リベンジャーズ』25巻(和久井健/講談社)

怒涛の展開で読者を驚かせている、『週刊少年マガジン』で連載中の大人気漫画『東京卍リベンジャーズ』。第236話『Band of brothers』から、花垣武道(タケミチ)が自身のチームを作るために動き出したのだが、それに伴い読者の間で“ある考察”が話題になっているようだ。

※『東京卍リベンジャーズ』最新話までの内容に触れています

佐野万次郎(マイキー)の手により、病院送りにされたタケミチ。病室の中で1人思いつめる彼を救ったのは、橘日向(ヒナ)や仲間たちの存在だった。やがてタケミチは自分だけのチームを作り、マイキーを救うことを宣言する。

体調が回復したタケミチはチームを作るべく、まず松野千冬に声をかけることに。病室ではマイキーの一件がありギクシャクしていた2人だったが、チーム名を「サウザンドウィンターズ」にすることを条件に、タケミチの誘いを快諾するのだった。

そこから最新238話まで、タケミチはチームメンバーを揃えるために翻弄している最中。しかし読者が気になっているのは、なによりも彼らのチーム名だという。千冬が決めたチーム名「サウザンドウィンターズ」ではなく、最終的に「東京リベンジャーズ」と命名されるのではないか…と囁かれているのだ。

「タイトル回収」の予感に盛り上がる読者たち

「東京リベンジャーズ」という作品名はスタイリッシュだが、物語の中にはとくに登場していない。いくども“リベンジ”を繰り返すという意味では、タケミチを指しているとも言えるが、複数形になっている意味は定かではなかった。

そのため、ここにきて「タイトル回収」のフラグが立ったことにファンは大興奮。ネット上では《チーム名が東京リベンジャーズなのだとしたら、あまりにも回収の仕方が好きすぎて四肢爆散する》《チーム名の伏線回収になれば感動だな》《これ絶対タイトル回収するでしょ!》といった声が飛び交っている。

ちなみに作品名の意味については、「東京卍リベンジャーズ」公式ツイッターが言及したことも。そこでは読者の質問に答えるかたちで、「なんで複数形になっているのか」という点が強調されており、なんとも意味深な印象だった。

これを踏まえて、読者の間では「リベンジャーが複数いる」すなわち、タケミチ以外のタイムリーパーがいるという考察が盛り上がっていたようだ。だが、このツイートはむしろ「東京卍リベンジャーズ」が複数人によるチームの名前になることを示唆していたのかもしれない。

はたして本当にタイトルは回収されるのか。そしてタケミチは、みんなが幸せになれる未来をつかみ取れるのか。今後の展開からも目が離せない。

文=城門まもる
写真=まいじつエンタ
■『東京卍リベンジャーズ』25巻(和久井健/講談社)

【あわせて読みたい】