『鬼滅の刃・遊郭編』第8話シリアス展開に絶賛の声! 一方でギャグシーン不要論が噴出…

『鬼滅の刃・遊郭編』第8話シリアス展開に絶賛の声! 一方でギャグシーン不要論が噴出…

『鬼滅の刃』1巻(吾峠呼世晴/集英社)

1月23日、大人気アニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』(フジテレビ系)の第8話『集結』が放送された。これまで同作のギャグシーンは激しい賛否両論を招いてきたが、シリアスきわまりない回となったことで視聴者から大絶賛されているようだ。

※『鬼滅の刃・遊郭編』最新話の内容に触れています

音柱・宇髄天元は毒に蝕まれながらも、上弦の陸・妓夫太郎と対等に渡り合ってみせる。そこにようやく炭治郎たちが合流。善逸と伊之助が堕姫を相手取り、炭治郎と宇髄が妓夫太郎に立ち向かっていく。

しかしそこで鬼たちが本領を発揮し、苦戦を強いられてしまう。戦況が硬直するかと思いきや、突如現れた雛鶴の援護によって妓夫太郎に深手を負わせることに成功する──。

今回は緊迫した戦闘シーンが繰り広げられ、お馴染みのギャグなどもほとんど入っていない。さらに、エンディング後のコーナー「大正コソコソ噂話」もシリアス。上弦の参・猗窩座との戦いで命を落とした煉獄杏寿郎が登場し、宇髄にアドバイスを送る一幕が描かれた。

「鬼滅の刃」にギャグパートは不要なのか…

アニメ史に残るほどハイクオリティな「鬼滅の刃」だが、そのなかでほぼ唯一、ギャグシーンには疑問を呈する声も多い。これまで視聴者の間では、《ギャグパート入れ過ぎじゃね? シリアスなバトルシーン遮ってまでやるなよ》《鬼滅はギャグが見てて苦しいから遊郭編見てなかった》《戦闘シーン中にクソ寒いギャグ挟むのマジでやめてくれ》などと批判されていたようだ。

そのため、ようやく実現した“ギャグシーン”抜きの回に感動を覚える人は多かった模様。ネット上では《鬼滅の刃最高すぎないか。寒いギャグなしの戦闘極振り回だとこんなに映えるのか》《やっぱり寒いギャグ入れないで戦闘シーンマシマシのときのほうがおもしろい》《寒いギャグがなければやっぱり面白いわ》《これでいいんだよ鬼滅の刃は! つまらんギャグなぞ要らんのじゃ!》といった声が相次いでいる。

元々原作は少年誌で連載されていたため、ストーリーが重くなりすぎないようにコメディ描写を多くしていたのかもしれない。しかしアニメ版ではそうした要素がテンポを悪くする一因となり、戦闘シーンに没入する妨げとなったため、不評を呼んでしまったのだろう。

もちろんギャグシーンが一切なくなれば、あまりに陰惨な話となり、ファン層が狭まってしまう可能性もある。反発を受けない“ほどほど”のラインを見極めてほしいところだ。

文=城門まもる
写真=まいじつエンタ
■『鬼滅の刃』1巻(吾峠呼世晴/集英社)

◆過去のアニメ「鬼滅の刃・遊郭編」レビューはこちら

【あわせて読みたい】