『にじさんじ』でクラスター発生!? コロナ感染者続出でリアルイベントが中止に…

『にじさんじ』でクラスター発生!? コロナ感染者続出でリアルイベントが中止に…

『にじさんじ』でクラスター発生!? コロナ感染者続出でリアルイベントが中止に… (C)PIXTA

大手VTuberグループ『にじさんじ』から、新型コロナウイルスの感染者が出たことが判明。数名の男性VTuberに感染が確認されていることから、ファンの間では「クラスター発生」を心配する声が上がっていた。

1月20日の「にじさんじ」公式ツイッターの報告によると、剣持刀也、叶、加賀美ハヤト、社築という4名のライバーに陽性反応が出た模様。そのほか、三枝明那やシェリン・バーガンディ、夢追翔、甲斐田晴、不破湊といった面々もコロナ陽性だったことが判明している。

ちょうどこの時期には、「にじさんじ」4周年を記念した3D音楽ライブ『にじさんじ 4th Anniversary LIVE「FANTASIA」』が開催される予定だったが、中止という決断を余儀なくされてしまった。

これまで「にじさんじ」ではほとんどコロナ感染者が報告されていなかったが、ここにきて10名近くの陽性が判明。ファンの間では、《にじさんじめっちゃコロナ出てきたやんやべえ》《みんなコロナでダウンしてるけど大丈夫なんか…?》《なんで推しがコロナに侵されていくんだ…こんなの理不尽だ…》《めちゃくちゃ心配》と不安の声が広がっている。

「リアルイベント路線」との相性は最悪?

今回陽性が発覚したライバーたちは、ほとんどが『にじさんじ 4th Anniversary LIVE「FANTASIA」』day2に出演する予定だったメンバー。そのため、イベント準備のためのスタジオなどでクラスターが発生した可能性も懸念されている。

そもそも「にじさんじ」は近年、リアルイベントに力を入れている最中。昨年には生バンドを取り入れたARライブ『にじさんじ AR STAGE “LIGHT UP TONES”』をはじめとして、さまざまなイベントで盛り上がっていた。

最先端の技術を使い、大きな会場でファンと交流できるのは、大手事務所に所属するVTuberならではのメリット。「ホロライブ」や「ぶいすぽっ!」などのグループとは別の方向性として、「にじさんじ」が盛り上がっている理由でもある。それだけに、コロナ禍はまさしく“逆風”としか言いようがない。

欧米でオミクロン株の亜種が確認されるなど、コロナの感染状況は誰にも予想が付かないのが現状。今後もリアルイベントの開催にあたっては、不安定な状況が続くかもしれない。「にじさんじ」にとってはここが正念場と言えるだろう。

何はともあれ、一日でも早くVTuberたちの平穏な日常が戻ってくることを祈りたい。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】