アニメ『プリコネ2期』第3話ユニが“物理アタッカー”に!? ファンからツッコミ続出

アニメ『プリコネ2期』第3話ユニが“物理アタッカー”に!? ファンからツッコミ続出

アニメ『プリコネ2期』第3話ユニが“物理アタッカー”に!? ファンからツッコミ続出 (C)PIXTA

1月24日、Cygamesが送るTVアニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2』(TOKYO MXほか)の第3話『不思議な森のティーパーティー ~アフターヌーンは危険な香り~』が放送された。人気ギルド「聖テレサ女学院」(なかよし部)のユニが登場したのだが、その戦闘シーンに奇天烈な描写が含まれていたようだ。

※アニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2』最新話の内容に触れています

ある日、見慣れない制服に身を包んだアオイと遭遇したユウキとコッコロ。聞けば、アオイはお嬢様学校「聖テレサ女学院」へ通うことになったのだとか。しかし学園のキラキラした雰囲気に馴染めずにいるようで、ユウキたちはそんな彼女を助けるために学校へ付き添うことになった。

そこでユウキたちは、ユニ、チエル、クロエからなる「なかよし部」と出会う。彼女たちは学園付近の森で発生している「緑の守り人事件」を解決するべく、森のガイドを務めていた経験を持つアオイに協力を求める──。

「なかよし部」は、『プリコネ』の中でも一際人気が高いギルド。とくにギルドマスターのユニは、小柄でかわいらしい見た目と知的な物言いのギャップで多くのファンを獲得している。第3話はそんな彼女がメインで構成されており、アニメならではの良質な作画で、より表情豊かに描かれていた印象だ。

世にも珍しいユニの“物理攻撃”

ゲーム内のユニは巨大な本を持っており、魔法を得意とするキャラクター。物理攻撃力はきわめて低く、基本的にはサポート型の性能を持っている。

しかし今回の戦闘シーンでは、そんなユニが予想外の姿を見せることに。手持ちの本で殴ったり、AIが搭載された“小石”を握りしめてパンチしたりと、その戦い方は完全に物理アタッカーだった。

思いがけないユニの戦闘スタイルに、ファンからは《ユニちゃんが物理で殴る貴重なシーン》《珍しいユニ先輩の肉弾戦》《ユニちゃん先輩は物理キャラだったのか…》《ユニぱいせんが知識(物理)で敵を倒してて笑った》などとツッコミの声が続出。

さらにはその姿に魅了される人も少なくなく、《物理ユニ先輩はいつ実装されるの?》《物理アタッカーユニちゃん先輩きませんか》《物理アタッカーユニ実装フラグ》と、“物理アタッカー版ユニ”の実装を求める声が上がっていた。

新たに物理アタッカーとしての才能を見せたユニ先輩。いずれアプリ版でも、本を片手に魔物をなぎ倒す姿を披露してくれるのかもしれない…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Khosro / PIXTA

◆過去のアニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2」レビューはこちら

【あわせて読みたい】