ラブライブ声優・伊達さゆりが“すかすか前髪”に…オタク落胆「東京に染まってしまった」

ラブライブ声優・伊達さゆりが“すかすか前髪”に…オタク落胆「東京に染まってしまった」

ラブライブ声優・伊達さゆりが“すかすか前髪”に…オタク落胆「東京に染まってしまった」 (C)PIXTA

『ラブライブ!スーパースター!!』の澁谷かのん役として、一躍有名になった伊達さゆり。現在19歳とかなり若く、フレッシュな魅力のある新人声優だが、最近のビジュアルの変化には《東京に染まってしまった》と落胆するファンもいるという。

宮城県出身の伊達は、高校卒業後に上京して事務所に所属。ちょうど進路選択の時期に受けた「ラブライブ!スーパースター!!」の一般公募オーディションに合格し、みごと澁谷かのん役に抜擢された。彼女は小学生の頃から「ラブライブ!」シリーズの大ファンだったそうなので、まさにアニメのようなシンデレラストーリーだ。

そんな伊達の魅力として、多くのファンたちが挙げるのが「素朴」であるという点。実際に「ラブライブ!スーパースター!!」への出演が決まった当初は、セミロングに七三分けといういかにもオタク受けしそうな髪型だった。

ところが東京に出てからしばらく経った後、伊達のヘアスタイルなどに変化が。昨年末あたりから《前髪がすかすかになった》との指摘が上がっている。これは前髪が後退したという話ではなく、オタク業界における「シースルーバング」の隠語のようなものだ。

オタクに嫌われがちな「シースルーバング」

シースルーバングとは、おでこが見えるほど前髪を薄くしたヘアスタイルのこと。伊達はさらに“太眉”も組み合わせたトレンド風のビジュアルを見せることもあり、オタクたちを動揺させている。

一般的にはかわいらしいが、オタク受けしないビジュアルとなりつつある伊達について、ネット上では《オタクが大嫌いな前髪スカスカ太眉メイクじゃん》《さゆりにこの髪型はオタク受け悪いよって教えてあげなきゃ》《都会に染まるスピードが早すぎ》といった声が上がっている。

シースルーバングをめぐって、声優とオタクの心の距離が離れることは珍しくない。たとえば人気声優の小倉唯は、シースルーバングにしていた時期、かなり厄介オタクたちに叩かれた模様。わざわざツイッター上で《前髪薄すぎない?→シースルーバングです》《眉毛太い?→あえての太眉メイク》《髪の毛濡れてる?→オイルでニュアンスを出してます》などと説明し、徹底抗戦の構えを見せていた。

とはいえ、伊達はまだ19歳という若さなので、《オシャレくらい好きにしてもいいだろ》との意見も。アイドル的な側面もあるラブライブ声優だが、そこまで身を犠牲にしてオタクの好みに合わせる必要はないだろう。

文=大上賢一

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】