「まいじつエンタ」編集部
総合エンタメサイト「まいじつエンタ」編集部です。編集部独自の視点で作成した記事を投稿していきます。

「まいじつエンタ」編集部さんの記事一覧

アニメ『転スラ』40話ベレッタは女性だった! 意外な事実に「衝撃を隠せない」

大人気〝なろう系〟小説を原作としたアニメ『転生したらスライムだった件』(TOKYO MXほか)の第40話『会議は踊る』が、7月27日に放送された。数週にわたって会議シーンが描かれている最中だが、今回は意外な人物に注目が集まったようだ。 ※アニメ『転生したらスライムだった件』最新話の内容に触れています リムルや各国要人の…

つづきを見る

『名探偵コナン』1077話“怪盗キッド”変装回に絶賛の声! ファンの間で推理合戦が白熱

7月28日に発売された『週刊少年サンデー』35号に、『名探偵コナン』1077話が掲載された。先週号から始まった安室透vs怪盗キッド回が、今週号でさらに白熱しているようだ。 ※『名探偵コナン』最新話の内容に触れています 先週から始まった新章の舞台は、博物館で開かれている「ロバノフ王朝の秘宝展」。世界最大級のガーネットが埋…

つづきを見る

アニメ『不滅のあなたへ』15話で離脱者続出!? トナリに集まるヘイト「見るのやめそう…」

大人気SFファンタジーアニメ『不滅のあなたへ』(NHK Eテレ)の第15話『トナリという名の少女』が、7月26日に放送された。今回は謎めいた少女・トナリがフシに近づくエピソードだったが、その態度をめぐって苛立つ視聴者が続出している。 ※アニメ『不滅のあなたへ』最新話の内容に触れています ピオランを救い出すため、闘技場で…

つづきを見る

アニメ『ヒロアカ』105話“原作改変”に不満爆発! 轟家に「地獄感が全然足りない」

人気アニメ『僕のヒーローアカデミア』(日本テレビ系)最新話となる第105話『地獄の轟くん家』が、7月24日に放送された。作中では轟家の〝地獄感〟あふれる食卓が描かれたが、原作からいくつかの描写がカット・改変されていたことで憤りを覚えるファンも多いようだ。 ※アニメ『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています 年…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』ハズレは“具現化系”? 残念能力の使い道を徹底検証

冨樫義博の漫画『HUNTER×HUNTER』には、6つの系統にわかれた念能力が登場する。その中でも最弱のレッテルを貼られているのが、武器などの実物を生み出す「具現化系」だ。一体なぜ具現化系は弱いと言われてしまうのか、本当に使い道がないのか…。今回はさまざまな角度から、具現化系の真価を明らかにしよう。 そもそも具現化系が…

つづきを見る

『るろうに剣心』雪代縁と志々雄はどちらが強い? 勝敗を分けたのは“舐めプ”か

人気漫画『るろうに剣心』のウリといえば、やはり剣の道を極めた達人たちの大活躍。連載終了から20年以上が経った今でも、読者たちは「一体誰が最強なのか」と議論を繰り広げている。とくに最強キャラとして名前が挙がるのは、雪代縁と志々雄真実の2人だ。果たしてどちらが最強の座にふさわしいのか、徹底的に検証していこう。 「京都編」の…

つづきを見る

茅野愛衣の“靖国炎上”に山寺宏一の再婚… 2021年上半期の声優ニュースを振り返る

人気アニメ『鬼滅の刃』の大ヒット以降、世間では花澤香菜をはじめとした声優たちが大きな注目を集めている。しかし、声優業界で起きるのはポジティブな出来事ばかりではなく、物議を醸してしまうことも…。今回は2021年上半期の声優ニュースから、とくに注目度が高かったものを振り返ってみよう。 オタクとの論争や炎上騒動まで ■浅沼晋…

つづきを見る

『チェンソーマン』は何が新しかったのか? ジャンプの常識を破壊した暴力的傑作

少年漫画の定石に囚われない作風により、『週刊少年ジャンプ』の新たな歴史を切り拓いた傑作『チェンソーマン』。発行部数1100万部を突破し、テレビアニメ化も決定するほど高い人気を誇っている同作だが、連載当時からもっとも多かったのは「新しい」という感想だった。一体どんな要素がそれほどまでに人々を驚嘆させたのだろうか? 「チェ…

つづきを見る

【マンガ連載】イケメン男子に揺れる乙女心!/ゲームで出会ったクソ男と付き合った話(22)

通話アプリで仲良くなった癒し系の男子〝ごまさん〟と、2人きりで会うことになったちえこ。あくまでお茶をするだけ…と言いつつ、どこかドキドキするような気持ちも抑えきれない。別れ際に、いつも自分を振り回してくるクズ彼氏・タケルのことを思い出すのだが…。 「ゲームで出会ったクソ男と付き合った話」22話

つづきを見る

『転スラ』『はめふら』続編も… 夏アニメの“なろう系”全6作を徹底レビュー!

注目作が目白押しの2021年夏アニメ。近年続く流行は変わらず、今期もいわゆる『なろう系』タイトルが多数放送されている。そこで今回は、今期の「なろう系」アニメ全6作品を「爽快感」「笑い」「萌え」という3つの観点からステータス風に評価。各作品の見どころなども紹介しているので、視聴するアニメに悩んでいる人はぜひ参考にしてもら…

つづきを見る