富岳 良
元アニメ業界勤務で現プログラマー。ときどき絵を描いてはインターネット内の.jpg比率を上げています。

富岳 良さんの記事一覧

実はテキトー!?『シン・エヴァンゲリオン』の専門用語を紐解いたら意外な結果に…

今年3月に公開され、ついに興行収入77億円を記録した『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。「エヴァンゲリオン」シリーズといえば、劇中に登場する難解で衒学的な用語が作品の大きな魅力だ。しかし同作に関しては、専門用語の決め方が案外テキトーだとファンの間で話題になっている。 最初にファンからツッコまれたのが、ヴンダーがネルフ本部…

つづきを見る

ひぐらしにFate、東京喰種まで… 海外ラッパーが日本アニメをサンプリングする理由

近年、フリースタイルバトルやラップのCMなどで、お茶の間に浸透しつつあるHip Hop文化。しかし、国内ならまだしも海外のラッパーに関しては、まだまだ縁遠い存在かもしれない。海外のラッパーと聞いて頭に浮かぶのは、ひと昔前のゴールドネックレスを大量に身につけたイカツイ男たちが酒や女に溺れる姿だろう。しかし、そんな物騒なイ…

つづきを見る

『チェンソーマン』マキマ“祈祷”の元ネタは? 作中に散りばめられた映画オマージュ

いつの世も、優れたクリエイターは他人の作品に感銘を受けて名作を生み出すもの。大人気漫画『チェンソーマン』の作者・藤本タツキの場合は、その対象が「映画」だったらしい。彼はかなりの映画マニアであり、主人公・デンジがサメの魔人と共闘するシーンが「どう見ても『シャークネード』だ」と話題になったこともある。 同作では他にも数多く…

つづきを見る

『チェンソーマン』藤本タツキは“引用の悪魔”!? キャラの魅力を紐解く映画たち

現在もっとも勢いのある漫画の1つとして、誰もが『チェンソーマン』の名前を挙げる。同作は謎めいた世界観や予想不可能なストーリー展開によって、熱狂的なファンを生み出してきた。作中には「チェンソーの悪魔」の力をもつ主人公・デンジを始めとして、個性豊かなキャラクターたちが登場する―。 というのは、いかにもありきたりな作品紹介。…

つづきを見る

元祖サイコパス主人公!?『ドラゴンボール』孫悟空の「卑劣な行い」トップ10

『ドラゴンボール』の孫悟空といえば、長年にわたって子どもたちのヒーローであり続けてきた大人気キャラクター。作中最強レベルの実力を誇るにも関わらず、その能天気で明るい性格によってあらゆる人間に好かれている…と言いたいところだが、実はインターネット上では「悟空の性格はサイコパス」といった意見が度々話題となっている。 国民的…

つづきを見る

アニメ『五等分の花嫁』に原作ファン激怒! 重要シーンカットは“別ルート”への布石?

男子高校生と五つ子の美少女との恋模様を描いた、大人気コミック『五等分の花嫁』。今年1月から、同作を原作としたアニメのセカンドシーズンが始まっているが、ヒロインの扱いをめぐって不満を抱くファンが続出しているようだ。 問題となっているのは、ヒロインの一人である「中野四葉」の大幅な出番カット。原作では主人公・風太郎と四葉のデ…

つづきを見る

『シン・エヴァンゲリオン』を公開初日に観たオタクのレビュー【完全ネタバレ】

エヴァンゲリオンが、終わった。2012年の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公開から約8年。さらに言えば、いわゆる「旧劇」と呼ばれるかつての劇場版『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』から約14年。度重なる公開延期を経て、ついに3月8日より待望のシリーズ完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(以下、…

つづきを見る

『あたしンち』のウィキペディアが怖すぎる!? 謎の怪文をガチ勢たちが徹底考察!

「生のハンバーグを食べた後、〝全部が見えて、全部が聞こえる〟状態になったことがある」。これは、とあるウィキペディアの項目に書かれた文章だ。なんともスピリチュアルな印象で、ロックミュージシャンの逸話か何かにも見えるだろう。しかし実は、10年ほど前に大ヒットした日常系漫画『あたしンち』の項目に記された一節なのである。 2月…

つづきを見る

『名探偵コナン』ファンも歓喜! あのピアニストユーチューバーが“犯人”に!

『Pan Piano』といえば、登録者数200万人以上を誇る大人気ユーチューバー。活動内容はオーソドックスなピアノの「弾いてみた」動画だが、大胆に胸元や太ももをあらわにしたコスプレ姿によって熱狂的な支持を集めている。そんな彼女が2月27日に、意外なアニメキャラのコスプレを披露。視聴者たちの度肝を抜いてしまったようだ。 …

つづきを見る

『チェンソーマン』マキマはポンコツだった? ラストバトルの“真相”が明らかに!

『鬼滅の刃』『呪術廻戦』に次ぐヒット作として注目を集める漫画『チェンソーマン』。同作は今後「第2部」の連載が予定されているが、作中には未解決の謎がいくつも残されている。その代表的なものが、ラストバトルにおける「デンジとポチタがいつ入れ替わったのか」問題だ。現在ファンの間では、この難問をめぐって1つのアンサーが導き出され…

つづきを見る