カルチャー

【マンガ連載】昔は王子様に見えたのに…/ゲームで出会ったクソ男と付き合った話(2)

有名絵師を目指すちえこは、ある日オンラインゲームでタケルという男性と出会う。通話越しの彼はやさしくて、うっとりするような言葉をささやいてくれた…。いざオフ会を開いてみると、そこに現れたのは夢に見たような都会の男。恋心はもう止まらない!? 「ゲームで出会ったクソ男と付き合った話」2話

つづきを見る

『ジョジョ』の「何をするだァーッ」はもう存在しない? 第1部で修正された表現

1986年に連載が始まった荒木飛呂彦の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ。つい最近もスピンオフの『岸辺露伴は動かない』がドラマ化されるなど、話題性には事欠かない。今からコミックスを集めようと考えている人も多いのではないだろうか。 実は同作のコミックスには、とある秘密がある。雑誌連載時の内容と、コミックスに掲載され…

つづきを見る

『ドラゴンボール』悟空の残酷すぎる仕打ち… 作中の「かわいそうなキャラ」トップ3

主人公の孫悟空と仲間たちが冒険を繰り広げる大人気作品『ドラゴンボール』。作中には7つ揃えると願い事が叶うボールが登場し、基本的にはハッピーエンドに向かって物語が進んでいく。しかしそんな中、目も当てられないほど悲惨な目にあうキャラも多い。 『ミスフル』にも登場した「チャパ王」 ■3位:とにかく凄まじいほどの噛ませ犬「チャ…

つづきを見る

『ジャンプ』打ち切りレースの筆頭は…!? 中堅マンガの人気暴落が止まらない!

『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』など、数々のヒット作を生み出している『週刊少年ジャンプ』。しかし雑誌の中堅層では、打ち切りをかけて熾烈な争いが繰り広げられている。中には連載スタート時は好評だったにも関わらず、人気が右肩下がりとなってしまった作品もあるようだ。 連載当初に比べて勢いが落ちた中堅漫画として、よく挙げられるのが『夜…

つづきを見る

『呪術廻戦』15巻おまけページが大不評!「邪魔すぎる」とツッコミ続出

3月4日、大人気漫画『呪術廻戦』の最新刊となる15巻が発売された。コミックス内には五条悟の術式『無下限呪術』の解説コーナーが設けられているのだが、読者の間で思わぬ不評を招いてしまったようだ。 ※『呪術廻戦』最新巻の内容に触れています 「呪術廻戦」15巻に収録されているのは、呪霊と呪術師が大規模なバトルを繰り広げる「渋谷…

つづきを見る

『名探偵コナン』ファンも歓喜! あのピアニストユーチューバーが“犯人”に!

『Pan Piano』といえば、登録者数200万人以上を誇る大人気ユーチューバー。活動内容はオーソドックスなピアノの「弾いてみた」動画だが、大胆に胸元や太ももをあらわにしたコスプレ姿によって熱狂的な支持を集めている。そんな彼女が2月27日に、意外なアニメキャラのコスプレを披露。視聴者たちの度肝を抜いてしまったようだ。 …

つづきを見る

ヤンジャン『少年のアビス』衝撃展開! 女教師の凶行に「家庭破壊テロやんけ」

〝次にくる漫画〟として大きな注目を集めている話題作『少年のアビス』。3月4日発売の『週刊ヤングジャンプ』14号で、同作が衝撃の展開を迎えた。ネット上では《女って本当に怖い…》《怖すぎて本を閉じてしまった》と恐怖におののく声が続出している。 ※『少年のアビス』最新話の内容に触れています 同作は閉鎖的な田舎町を舞台とした、…

つづきを見る

『よつばと!』は“富裕層”向けの漫画? 嫉妬心で作品を楽しめない読者

あずまきよひこによるマンガ『よつばと!』の最新刊が、約3年ぶりに発売された。同作はゆるい空気感のギャグが詰まった日常系漫画で、大人から子どもまで楽しめる大人気作品だ。しかし、そんな同作を「純粋に楽しめなくなった」という人たちもいるらしく、ネット上で激論が繰り広げられている。 コトの発端は、とある読者のツイートだった。彼…

つづきを見る

日本愛国者が世界的ゲーム『DbD』に激怒!? 韓国アイドル登場に賛否両論

3月4日、大人気ホラーサバイバルゲーム『Dead by Daylight』の新たなアップデート情報が明らかに。そこでK-POPアイドルをモチーフとしたキャラが紹介され、ネット上で大きな波紋を呼んでいる。 同作は1人の殺人鬼(キラー)と4人の生存者(サバイバー)に扮したプレイヤーたちが、閉ざされたフィールド内で攻防を繰り…

つづきを見る

『呪術廻戦』作者・芥見下々の“BLEACH愛”が重すぎる! 久保帯人との対談が話題

漫画家に限らず、あらゆる作家は同時代の優れた作品から影響を受けるもの。『呪術廻戦』の作者・芥見下々の場合は、それが『週刊少年ジャンプ』の人気マンガ『BLEACH』だったらしい。3月4日発売の『呪術廻戦 公式ファンブック』では、そんな芥見による〝BLEACH愛〟が存分に発揮され、ネット上で大きな反響を巻き起こしている。 …

つづきを見る