あやかしトライアングル

『あやトラ』のダークネス化が止まらない! 煩悩まみれの領域展開に騒然

少年漫画界において、お色気を描かせたら右に出る者はいない巨匠・矢吹健太朗。現在『ジャンプ+』では、最新作『あやかしトライアングル』を連載中だが、そこでも芸術的なシーンを生み出している。ヒロインが色欲で“領域展開”を行ったのだ。 ※『あやトラ』最新話の内容に触れています 同作は、妖(あやかし)の術により女体化してしまった…

つづきを見る

ジャンプラ移籍『あやトラ』の“火力不足”を指摘する読者「お前はまだそんなものじゃない」

攻めた表現によって青少年を興奮させてきたラブコメ漫画『あやかしトライアングル』。4月25日から『ジャンプ+』での連載が始まり、さらなる過激描写が期待されていたが、ファンの間ではまだまだ“火力不足”だという指摘も上がっている。 移籍後第1話の評判は… 「あやかしトライアングル」は、妖(あやかし)を祓う「祓忍」として修行を…

つづきを見る

ジャンプ本誌で掲載禁止に!?『あやトラ』は打ち切りかそれとも…

『週刊少年ジャンプ』で連載中のラブコメ『あやかしトライアングル』が、『ジャンプ+』へと移籍することが発表された。より表現の幅が広がる環境への栄転を喜ぶ声が上がっているが、“左遷”と感じずにはいられないファンもいるようだ。 ジャンプラ移籍でダークネス解禁? 「あやかしトライアングル」は、『To LOVEる -とらぶる-』…

つづきを見る

『ジャンプ』54年の歴史で初!? 連載漫画がまさかのニッチネタかぶり

あらゆるジャンルの漫画が飽和状態にある昨今、扱うテーマがかぶってしまうのも珍しいことではない。しかし4月4日発売の『週刊少年ジャンプ』18号誌面で「尻子玉」というニッチすぎるネタがかぶってしまったようだ。 若い男女がカッパの餌食に… 今回ネタかぶりを起こしたのは、どちらも妖怪をテーマにしている漫画。妖(あやかし)を祓う…

つづきを見る

ジャンプに前代未聞のキスブーム!? 4つの連載作品で「奇跡のシンクロ」

少年誌は本来、低年齢層も読める健全な雑誌であるべきだろう。しかし、少年漫画誌を代表する『週刊少年ジャンプ』で近ごろ“キスブーム”が到来しており、複数の漫画で刺激的な描写が相次いでいる。 過激すぎてモザイク入り!? 先陣を切ったのは、矢吹健太朗によるラブコメ漫画『あやかしトライアングル』。「ジャンプ」10号から3週にわた…

つづきを見る

ジャンプ『あやトラ』海外配信NGに!“攻めた描写”が通用するのは日本だけ?

時代と共に、少年誌における表現の幅は年々制約が強まっている。とくにその代表例となっているのが、“お色気”描写。現在『週刊少年ジャンプ』で連載されているラブコメ漫画『あやかしトライアングル』も、センシティブな表現によって物議を醸しているようだ。 「あやかしトライアングル」は、妖(あやかし)のシロガネの仕業で女性になってし…

つづきを見る

ジャンプ“打ち切りレース”に異変!?『To LOVEる』矢吹健太朗の新作が絶不調…

ハーレムラブコメの金字塔『To LOVEる -とらぶる-』の作画担当として、数々の人気キャラを生み出した矢吹健太朗。現在は『週刊少年ジャンプ』で新作漫画『あやかしトライアングル』を連載しているが、人気が低迷した結果、打ち切りの危機を迎えつつあるようだ。 「あやかしトライアングル」は、昨年6月から連載が始まったファンタジ…

つづきを見る

『To LOVEる』作者の新作が物議! 母親との入浴シーンに「本領発揮」「ゲェ吐きそう」

5月10日発売の『週刊少年ジャンプ』23号に掲載された、『あやかしトライアングル』最新話が物議を醸している。 ※『あやかしトライアングル』最新話の内容に触れています 同作を描く矢吹健太朗といえば、『BLACK CAT』や『To LOVEる -とらぶる-』などのヒット作を生み出してきた漫画家。『To LOVE』は、高い画…

つづきを見る