おにもり

伊藤潤二も参加したのに… 伝説のクソゲー『四八(仮)』を振り返る

毎年ネット上で開催されている『クソゲーオブザイヤー』とは、その年で一番クソだったゲームを決める祭典。これまでさまざまな迷作が大賞に輝いてきたが、中でも伝説として語り継がれている作品がある。それこそがノベルゲームオタクたちのトラウマ『四八(仮)』だ。 同作は2007年にバンプレストから発売された『PlayStation …

つづきを見る

『閃光のハサウェイ』ヒットで爆増? 女性オタクに粘着する“教えたがりオジサン”

見知らぬ年下の女性を狙い、知識でマウントをとろうとする男性はどこの世界にもいるもの。近頃は、そんな男性をひとまとめにした〝教え魔〟という呼び名も広まっている。教え魔は神出鬼没の存在だが、6月に公開が始まったアニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』をきっかけとして、「ガンダム」界隈でもよく観測されるようになったと…

つづきを見る

『閃光のハサウェイ』大ヒットの理由は? 観客の目を引く“謎演出”を仕掛けた意味

『ガンダム』シリーズでは異例の大ヒットを記録している映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。公開8週目にして興行収入20億円を突破したことも大きな話題を呼んだ。すさまじい勢いで歴史を塗り替えている同作だが、なぜここまで観客を熱中させているのだろうか? 「ガンダム」なのに女性ファンが多い理由 「閃光のハサウェイ」は、…

つづきを見る

覇権ソシャゲ『ツイステ』がオワコンに! グッズ売れ残りが多発する原因は…

昨年3月にリリースされ、女性オタク界隈の〝覇権コンテンツ〟として名を馳せたソーシャルゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』(通称:ツイステ)。リリース時には150万以上のユーザーが事前登録を行うなど、まさに破竹の勢いだった。しかし近頃、その人気に疑問の声があがっているようだ。 同作は『黒執事』の枢やなが原案、…

つづきを見る

カレーの方が満足できる! 伝説のクソゲー『研修医 天堂独太』を振り返る

2004年12月に発売され、当時一世を風靡した携帯ゲーム機『ニンテンドーDS』(以下、NDS)。数々の思い出深い名作を生んだ人気ハードだが、中にはクソゲーという称号をほしいままにする作品もあった。とくに後世まで伝説として語り継がれているのが、『研修医 天堂独太』だ。 同作は『ダンガンロンパ』シリーズで知られる『スパイク…

つづきを見る

ロリコン扱いも…『ガンダム』シリーズでシャア・アズナブルが浴びた「エグすぎる罵倒」3選

初代ガンダムこと『機動戦士ガンダム』のテレビ放送から42年、ガンダムシリーズの人気は今なお止まることを知らない。6月11日にはファン待望の最新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が上映され、界隈はかつてない盛り上がりを見せている。 そんな令和の「ガンダム」ブームにおいて、ふたたび脚光を浴びているのが『機動戦士ガンダ…

つづきを見る

『ハイキュー!!』コスプレ写真がシュールすぎる!? 撮影の裏側をインタビューしてみた!

二次元を三次元に昇華するため、コスプレイヤーたちは日々努力を重ねている。表舞台に出てくるのは華々しい写真ばかりだが、その裏側には意外な苦労が潜んでいるらしい…。今回はTwitter上で話題を呼んだ、『ハイキュー!!』のシュールなコスプレ写真に注目。投稿者へのインタビューによって、写真が生まれた背景を教えてもらった。 「…

つづきを見る