るろうに剣心

『るろうに剣心』続編が“同窓会”に…懐かしキャラ続々登場も盛り上がらない理由

かつて『週刊少年ジャンプ』の看板として人気を支えた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。その続編が現在『ジャンプSQ.』で連載されているのだが、イマイチ読者がついてきておらず、「同窓会編」とも揶揄されている。 サービス精神にあふれているが… 続編にあたる『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』は、前作の完結から1…

つづきを見る

ハンタ連載再開に『男坂』最終章…2022年下半期『ジャンプ』の衝撃ニュースを振り返る

少年漫画界の台風の目として、つねに世間をにぎわせる『週刊少年ジャンプ』。2022年の下半期も、さまざまなビッグニュースが目白押しだった。この半年の間、とくに盛り上がりを見せていた話題を振り返ってみよう。 『ONE PIECE』を取り巻くニュース ■尾田栄一郎と青山剛昌の豪華対談 『ONE PIECE』と『名探偵コナン』…

つづきを見る

『るろ剣』新作アニメは“胸クソエンド”回避?「原作通りでお願い」と高まる期待

先日、再アニメ化が発表された『週刊少年ジャンプ』のレジェンド的人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。原作ファンたちは大いに期待を寄せているようだが、その背景には旧アニメ版の“黒歴史”が関係している。 アニオリエンドを根に持つファンたち 「るろうに剣心」は最初にTVアニメ化されたのは、1996年のこと。古橋一浩監…

つづきを見る

『るろうに剣心』旧作アニメは忖度まみれ!? 作者・和月伸宏が衝撃的なコメントを発表

『週刊少年ジャンプ』が誇る不朽の名作『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』が、2023年に再アニメ化されることが決定。そこで作者の和月伸宏が旧作にまつわる衝撃的なコメントを発表し、ファンを騒然とさせているようだ。 今作“は”信頼できるスタッフに 「るろうに剣心」が最初にアニメ化されたのは、1996年のこと。フジテレビ系列…

つづきを見る

『ギャル子ちゃん』作者が児ポ輸入容疑で逮捕…なぜ“ロリコン漫画家”が続出するのか

『おしえて! ギャル子ちゃん』でお馴染みの漫画家・鈴木健也が、「児童ポルノ輸入容疑」で逮捕されたことが大きな話題に。一体なぜ世の漫画家たちは、児童がらみの犯罪で捕まってしまうのだろうか。 報道によると鈴木容疑者は、警察の取り調べに対して容疑を認めている模様。日本では入手困難な海外児童のヌード写真を入手するため、ドイツか…

つづきを見る

『るろうに剣心』雪代縁と志々雄はどちらが強い? 勝敗を分けたのは“舐めプ”か

人気漫画『るろうに剣心』のウリといえば、やはり剣の道を極めた達人たちの大活躍。連載終了から20年以上が経った今でも、読者たちは「一体誰が最強なのか」と議論を繰り広げている。とくに最強キャラとして名前が挙がるのは、雪代縁と志々雄真実の2人だ。果たしてどちらが最強の座にふさわしいのか、徹底的に検証していこう。 「京都編」の…

つづきを見る

坂田銀時に緋村剣心も… 渋さが魅力な『ジャンプ』の「アラサー主人公」3選

漫画において重要なファクターのひとつが、読者による感情移入。できるだけ読者が共感できる要素を盛り込む、というのが創作の鉄則だ。若い読者が多い『週刊少年ジャンプ』の作品には、同じように年齢が低いキャラクターが多数登場する。 しかし、ヒット作を見てみれば、いくらでもイレギュラーが存在するもの。たとえば現在大ヒットしている『…

つづきを見る