アオのハコ

ジャンプ“次世代の看板”はラブコメ漫画?『呪術』『ヒロアカ』を掲載順でごぼう抜き

『鬼滅の刃』や『Dr.STONE』などの人気作が終了し、暗雲が漂いつつある『週刊少年ジャンプ』。そこで脚光を浴びているのが、三浦糀のラブコメ漫画『アオのハコ』だ。掲載順もかなり好調のようで、一部では“次世代の看板漫画”とも目されている。 呪術・ヒロアカを超えた! 5月23日に発売された「ジャンプ」25号では、巻頭カラー…

つづきを見る

ジャンプ編集部が有能すぎる?『アオのハコ』1巻が即重版の大ヒット!

三浦糀によるスポーツラブコメ漫画『アオのハコ』の第1巻が8月4日に発売され、好調な売れ行きで話題を呼んでいる。公式ツイッターによると、発売即日10万部の重版が決定し、初版と合わせて発行部数17万部を突破している状況。書店でも品薄や売り切れが相次いでいるようだ。 「アオのハコ」は、今年4月から『週刊少年ジャンプ』で連載が…

つづきを見る

ジャンプ“次期看板”はラブコメ?『アオのハコ』の快進撃にザワつくファン

7月12日発売の『週刊少年ジャンプ』32号で、三浦糀による青春ラブストーリー漫画『アオのハコ』が大躍進を果たした。連載開始からわずか14話にして、表紙&巻頭カラーに選ばれたのだ。異例の快挙に、「ジャンプ」ファンからは驚きの声があがっている。 「アオのハコ」は2021年19号から始まった新連載。バドミントン部の高校生・猪…

つづきを見る

ジャンプに“サムライ8”の再来!?『アオのハコ』第7話でのセンターカラーにザワつく読者

青春部活ラブストーリー漫画『アオのハコ』第6話が、5月24日発売の『週刊少年ジャンプ』25号に掲載された。次号でセンターカラーを飾ることが明かされ、その人気っぷりに「サム8の再来だ!」と『ジャンプ』ファンがザワついている。 『アオのハコ』は、男子バドミントン部に所属する猪俣大喜が、憧れの女バスの先輩・鹿野千夏と一つ屋根…

つづきを見る