アンケート

新卒の7割が「コロナの影響なし」 コロナへの危機感が低すぎる若者たち

新型コロナウイルスによって、一変してしまった生活様式。イベントが軒並み中止になってしまったり、終電の時間が繰り上げられたりと、「日常生活が変わってしまった」と自覚する場面も多いのではないだろうか。しかしコロナに対する危機感については、世代によって大きな違いがあるようだ。 株式会社ジェイックは、2021年1月4日~6日に…

つづきを見る

男女は仕事のスタンスが違う!「仕事に行きたくない理由」で意見が真っ二つ

社会人であれば、よほどの仕事人間でない限り「仕事に行きたくない…」と考えたことがあるだろう。しかし身内の不幸や病気にかかった時を除けば、自由に休みをとることは難しい。もし仕事に行きたくない気持ちが高まった場合、人々はどのような対処法で乗りきっているのだろうか? ビジネス上の問題解決を考えるメディア『Biz Hits』は…

つづきを見る

コロナ禍で“お化粧男子”が爆増? 女性の”すっぴん化”と真逆の構図に…

新型コロナウイルスの影響で、世界中でさまざまな業界が大打撃を受けている。飲食業界や観光産業の被害が目立っている中、実はコスメ業界にも大きな影響があったらしい。本稿ではそんなコスメ業界の現況と、“男性用コスメ”をめぐる裏話を掘り下げていこう。 ノーメイクで過ごす女性が増加中 株式会社GLAPentertainmentは昨…

つづきを見る

コロナ禍で「死にたい」と思った文化人は3割超…芸術・エンタメは「不要不急」なのか

新型コロナの感染拡大はいまだに収束の目途が立っておらず、さまざまな業界に大ダメージを与えている。とくに音楽や演劇、映画といった“文化”に関わる業種では、苦境に立たされている人が多く存在するようだ。とあるアンケートでは3割以上の文化人が「死にたい」と思ったことがあると回答し、大きな波紋を呼んでいる。 該当のアンケートは、…

つづきを見る

コロナ禍の恋人たちはどう過ごしてる? 多様化する「おうちデート」事情

ここ1年、新型コロナウイルスの感染拡大によって「不要不急の外出」を控えるよう呼びかけられてきた。ちなみに不要不急の外出とは、用事のない散歩や飲み会など、やらなくても生活に影響のない外出のこと。その結果、恋人たちのデート事情にも変化が起きているようだ。 まずは、株式会社ネクストレベルが運営する『縁結び大学』が行ったアンケ…

つづきを見る

「立ったままする派」は3割! なぜトイレで座らない男性が存在するのか

立ったままするか、便座に座ってするか…。男性がトイレする際には、2種類のスタイルが存在する。衛生的な問題もあり、最近では「便座に座ってする派」が主流となりつつあるようだが、とある調査によって「立ったままする派」も現役であることが明らかとなった。 昨年8月7日~8月8日にかけて、『パナソニック株式会社 ハウジングシステム…

つづきを見る