クーロンズ・ボール・パレード

ジャンプのスポーツ漫画が壊滅…『クーロンズ』無慈悲の打ち切りに「納得いかない」

『週刊少年ジャンプ』では数々のヒット作が生み出されているが、その裏ではわずかな連載期間で打ち切りを宣告される作品も数多い。7月5日発売の「ジャンプ」31号では、読者を夢中にさせてきた野球漫画『クーロンズ・ボール・パレード』がついに終了を迎えてしまった。 2021年11号から連載が始まった同作は、データ分析に優れた捕手・…

つづきを見る

ジャンプ“打ち切りレース”が熾烈…!『灼熱のニライカナイ』終了に不満の声

少年誌トップクラスの売上を誇る『週刊少年ジャンプ』は、連載陣の人気争いがひときわ厳しいことで有名。いわゆる〝打ち切りレース〟が過酷を極めるなか、6月21日発売の「ジャンプ」29号では、約1年にわたって連載されてきた『灼熱のニライカナイ』が終了を迎えてしまった。 同作は、アニメ化もされた人気作『べるぜバブ』の作者・田村隆…

つづきを見る

“デスマンガ”の予言ふたたび!? 某『ジャンプ』野球作品に打ち切りフラグ

『週刊少年ジャンプ』で連載中の『僕とロボコ』というギャグ漫画をご存知だろうか。同作は名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」のごとく、作中でネタにしたものに不幸が訪れる〝デスマンガ〟ではないか…と囁かれている。6月14日に発売された「ジャンプ」28号でも、また新たなターゲットが生まれてしまったようだ。 「僕とロボコ」は、…

つづきを見る

ジャンプ“打ち切りレース”に野球漫画も参戦… 連載10週作品の明暗クッキリ

4月19日発売の『週刊少年ジャンプ』20号に、野球漫画『クーロンズ・ボール・パレード』最新話が掲載された。ついに第10話へ到達したのだが、掲載順はドベで、読者からは心配の声が続出している。 同作は、原作・鎌田幹康、作画・福井あしびが手掛ける漫画。主人公の捕手・小豆田玉緒は、天才投手・龍堂太央、2人をスカウトした黒滝かり…

つづきを見る

今の『ジャンプ』で一番カワイイ!?“黒滝かりん”に魅了される読者たち

3月29日発売の『週刊少年ジャンプ』17号に、『クーロンズ・ボール・パレード』第7話が掲載された。ついに5人目の仲間候補が現れたのだが、読者はヒロインに夢中になっているようだ。 同作は、原作・鎌田幹康、作画・福井あしびによる野球漫画。主人公の捕手・小豆田玉緒は、天才投手・龍堂太央、2人をスカウトした黒滝かりんと共に『黒…

つづきを見る

『ジャンプ』新連載ついに野球を開始!「やっぱ野球シーンあった方が面白い」と期待の声

3月15日発売の『週刊少年ジャンプ』15号に、『クーロンズ・ボール・パレード』第5話が掲載された。ついに野球をプレーし、読者から歓喜の声があがっている。 同作は、原作・鎌田幹康、作画・福井あしびによる野球漫画。主人公の捕手・小豆田玉緒は、天才投手・龍堂太央、2人をスカウトした黒滝かりんと『黒龍山高校』野球部で、甲子園を…

つづきを見る

今の『ジャンプ』は展開が早すぎ? 物語が進まない野球漫画に苦言殺到

3月8日に発売された『週刊少年ジャンプ』14号に、『クーロンズ・ボール・パレード』第4話が掲載。まだまだ野球をしない展開に、『ジャンプ』ファンはしびれを切らしているようだ。 同作は、原作・鎌田幹康、作画・福井あしびが手掛ける野球漫画。主人公の小豆田玉緒は、甲子園常連の『白凰学院』野球部に、捕手として入部することを夢見て…

つづきを見る

ジャンプ野球漫画“部員探し”展開! 試合をしないスポーツ漫画は打ち切り濃厚?

3月1日発売の『週刊少年ジャンプ』13号に、『クーロンズ・ボール・パレード』第3話が掲載された。その展開にジャンプ読者から、賛否の声が寄せられている。 同作は原作・鎌田幹康、作画・福井あしびが手掛ける野球漫画。気弱な優しい少年・小豆田玉緒は、甲子園常連の『白凰学院』野球部に、捕手としての入部を夢見ていた。しかし、入部試…

つづきを見る

ジャンプ新連載の“野球漫画”に賛否! 打ち切りか? 名作になり得るか?

2月22日発売の『週刊少年ジャンプ』12号に、『クーロンズ・ボール・パレード』第2話が掲載された。スポーツ漫画不作の『ジャンプ』を救うのか、大きな注目が集まっている。 同作は、原作・鎌田幹康、作画・福井あしびが手掛ける野球漫画。気弱な優しい少年・小豆田玉緒は、甲子園常連の『白凰学院』野球部へ捕手として入部を夢見ていた。…

つづきを見る