ジャンプ

『HUNTER×HUNTER』キルアも暗黒大陸に参戦!? アルカの出生にまつわる秘密

連載再開がいよいよ現実味を帯びてきた冨樫義博の漫画『HUNTER×HUNTER』。現在は「暗黒大陸編」の王位継承戦が描かれているところだが、この先の展開に大きく関わってきそうな人物がいる。それはゾルディック家の秘蔵っ子・アルカだ。 作者が明かした衝撃の事実 アルカはキルア・ゾルディックの“妹”であり、普段はあどけない少…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』最強キャラはウボォーギン? 圧倒的な攻撃力&防御力で再評価

人間離れした念能力者たちのバトルを描いた漫画『HUNTER×HUNTER』。作中には猛者たちが数えきれないほど登場するが、なかでもとあるキャラクターに“最強説”が上がっている。その人物とは、ヨークシン編で活躍したウボォーギンだ。 もはや戦車のような鉄壁の防御力 ウボォーギンといえば、危険度Aクラスの賞金首集団「幻影旅団…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレースに新入り…連載掛け持ち疑惑『ALIENS AREA』2週連続ドベ3

人気至上主義を導入しており、激しい生き残り競争が行われている『週刊少年ジャンプ』。現在は那波歩才の新連載『ALIENS AREA』が窮地を迎えているようで、ファンの間で不安の声が飛び交っている。とくに不吉な兆候として、“作画の乱れ”が生じているらしい…。 実質“最下位”ポジション 「ALIENS AREA」は、今年6月…

つづきを見る

「堀越先生を信じろ…」衝撃展開『ヒロアカ』362話に阿鼻叫喚!“最大の見せ場”とは一体…

8月8日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に掲載された『僕のヒーローアカデミア』で、衝撃の展開が描かれた。作中トップクラスの人気を誇る爆豪勝己が、これまでにない悲劇に見舞われてしまい、読者たちは阿鼻叫喚といった様子だ。 ※『ヒロアカ』最新話の内容に触れています 第362話『Light Fades To Rain…

つづきを見る

『ONE PIECE』“火ノ傷の男”は何者か…第49話に伏線が隠されていた?

「百獣海賊団」との死闘が終わり、いよいよ最終章に突入した大人気漫画『ONE PIECE』。これまでの伏線が次々と回収されているところだが、そこにまったく新しい考察材料が投下された。“火ノ傷”の男なる存在が、物語に関わってくるというのだ。 ※『ワンピース』最新話の内容に触れています 注目を浴びたのは、8月8日発売の『週刊…

つづきを見る

アニメ『チェンソーマン』マキマだけ解釈違い? 声優・楠木ともりに寄せられる不評…

今年10月より放送される予定のTVアニメ『チェンソーマン』だが、はやくも原作ファンの間では不安要素が生まれつつある模様。8月5日に主要キャラクターの担当声優が明かされたのだが、マキマ役・楠木ともりが賛否を呼んでしまったのだ。 解釈違いを訴えるファンたち 「チェンソーマン」は、フリーのデビルハンターとして孤独な人生を送っ…

つづきを見る

『呪術廻戦』193話で禪院真希に死亡フラグ…? 呪霊直哉は五条vs甚爾のセルフパロディか

人気漫画『呪術廻戦』の第193話『桜島結界(3)』が、8月8日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に掲載された。怪物となった禪院直哉と、別の意味で怪物クラスな禪院真希による戦いが白熱しているが、そこで不吉なフラグを浮かび上がることに…。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています ここ数話の展開を振り返ると、死亡し…

つづきを見る

『ONE PIECE』ヤマトの“仲間入り詐欺”がもう限界…1056話に「引っ張りすぎ!」

『ONE PIECE』ファンなら誰もが注目する、「麦わらの一味」への“仲間入り”問題。最有力候補として、カイドウの子・ヤマトの名前が挙がっているのだが、いつまで経っても進展がないためウンザリしてしまう読者も少なくない。 ※『ワンピース』最新話の内容に触れています 『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に掲載された第105…

つづきを見る

『ジャンプ』史上最強キャラは誰!? 孫悟空に勝てるのは…

漫画好きが集まると、必ずと言っていいほど「どのキャラクターが一番強いのか」という話題になるもの。とくに『週刊少年ジャンプ』の作品には戦闘力の高いキャラが多数いるため、議論が紛糾しがちだ。本稿では、そんな難題に1つの結論を出そうと思う。 「ジャンプ」に伝説を残した猛者たち 最強キャラ議論において、まず名前が挙がりやすいの…

つづきを見る

ジャンプ『僕とロボコ』すり寄るのは人気作だけ…パロディ描写に「人気ない新連載は全スルー」

アニメ化も決定し、『週刊少年ジャンプ』を引っ張るギャグ漫画として注目を集めている『僕とロボコ』。その作風は令和らしく、“誰も傷つけない笑い”を追求しているのだが、最近ではちょっとした争いの種も生まれてしまったようだ。 「ロボドラゴン」に批判? 「僕とロボコ」は、メイドロボであるロボコが、空回りしながらメイドの使命を全う…

つづきを見る