タコピーの原罪

『タコピー』『チェンソーマン』作者の過去作も! 人気漫画家たちの「隠れた名作」3選

『週刊少年ジャンプ』や『ジャンプ+』など、近年ではジャンプ系列の媒体が未曽有の勢いで躍進している。そこではさまざまなヒット作が生まれているが、中にはあまり世間に評価されていない“隠れた名作”も。今回は人気漫画家たちの過去作から、今こそ読んでおくべき読み切りを紹介していこう。 近年大ブレイクした作家たちの過去 ■タイザン…

つづきを見る

“毒親”漫画ブームに疑問の声…ギミック化する描写は本当に正しいのか?

『週刊少年ジャンプ』本誌をしのぐ勢いで、次々と話題作を輩出している『少年ジャンプ+』。幅広いジャンルの作品が掲載されているように見えるが、実は「毒親」が頻出しているという説も。もしかすると、読者のニーズが偏りつつあるのかもしれない。 『ジャンプ+』で空前の毒親ブーム? 「毒親」といえば、過度な干渉などによって子どもに悪…

つづきを見る

『タコピーの原罪』は“考察ありき”の漫画なのか…SNSでの盛り上がりが作品のピーク?

SNS上で未曽有の大ブームを巻き起こした漫画『タコピーの原罪』が、ついに完結。3月25日に『ジャンプ+』に掲載された最終話では、読者たちの予想を裏切るような展開が描き出された。その内容をめぐって、ネット上では激論が交わされているようだ。 ※『タコピーの原罪』最終話の内容に触れています 「タコピーの原罪」は、地球にやって…

つづきを見る

『タコピーの原罪』は「100ワニ」の再来? 口コミヒットを許せない人たちの心理

ハートフル漫画ならぬ、ハートフルボッコ漫画として、絶大な支持を得ている『タコピーの原罪』。口コミから一躍『ジャンプ+』を代表するヒット作へと上り詰めたが、そうしたムーブメントに“ステマ”を疑う声も上がっている。 人気漫画にステマ疑惑? 「タコピーの原罪」は、家庭環境やいじめによって現実を諦めた女子小学生・久世しずかと、…

つづきを見る

『怪獣8号』が『タコピーの原罪』に大勝利! コミックス売上では大差をつけたが…

『ジャンプ+』で連載中のバトル漫画『怪獣8号』。最近はSNSの口コミで大きな話題になっている短期連載作品『タコピーの原罪』に押され気味だったが、最新刊の売上データが意外な結果に。「実は負けていなかった」という説も浮上している。 週間コミックランキングで堂々1位! 「怪獣8号」は、防衛隊と怪獣たちの熾烈な戦いが繰り広げら…

つづきを見る

『怪獣8号』が『タコピーの原罪』に大敗! 看板作品から陥落「怪獣は全部薄い」

『ジャンプ+』の看板作品として、国内外の読者に支持されているバトル漫画『怪獣8号』。だが、最近ではその勢いに陰りが出ているようで、無情な“ランキング結果”に注目が集まっている。 人気がランキング化された功罪 「怪獣8号」は、とある事故から怪獣の力を手に入れた主人公が、人類を守るために奮闘するというストーリー。2020年…

つづきを見る

「ジャンプ+」の怪作『タコピーの原罪』が話題に!『アビス』『一歩』の作者も大注目

昨年12月から、集英社の漫画アプリ『ジャンプ+』にて『タコピーの原罪』という異色作の連載が始まった。ほのぼのとしたポップな絵柄に、人の気分を害するほどのグロテスクな展開…。そのギャップが生み出す破壊力により、大きな反響を巻き起こしている。 ※グロテスクな作品が苦手な方は閲覧しないでください 「タコピーの原罪」は、『ドラ…

つづきを見る