チェンソーマン

藤本タツキ『さよなら絵梨』の意外な元ネタ!『ダークナイト』にバンクシーも…

現在、国内外で最も注目されている漫画家の1人・藤本タツキ。4月11日に『ジャンプ+』で公開された新作短編『さよなら絵梨』も、大きな話題を巻き起こしている。今回はそんな同作に隠された“元ネタ”の数々について、事細かに検証を行っていこう。 ※「さよなら絵梨」の内容に触れています 同作は男子高校生・伊藤優太と、ミステリアスな…

つづきを見る

藤本タツキ新作は『ルックバック』批判への回答!? 読切『さよなら絵梨』に込めたメッセージ

『チェンソーマン』の作者・藤本タツキによる新作読み切り『さよなら絵梨』が、4月11日に『ジャンプ+』で公開された。過去作と同じく、フィクションのあり方を探求する作品となっていたが、読者の中には隠されているであろうメッセージを読み取る人もいるようだ。 ※「さよなら絵梨」の内容に触れています 同作は、男子高校生・伊藤優太が…

つづきを見る

『プリコネR2』第4話の戦闘シーンがヤバ過ぎる!『呪術』『シンエヴァ』スタッフ集結の神回

1月31日、Cygamesが送るTVアニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2』(TOKYO MXほか)の第4話『駆け出しの名探偵 ~ミロワールに想いを寄せて~』が放送された。今回は有名アニメーターたちによって圧巻の戦闘シーンが描かれ、視聴者から称賛の声が続出しているようだ。 ※アニメ『プリコネR2』…

つづきを見る

鬼滅、ヒロアカ、チェンソーマン、呪術の共通点は?“特殊性癖”を匂わせる漫画家4選

近年『週刊少年ジャンプ』では、スター性のある漫画家たちが続々登場している。実はその面々に、とある共通点があることをご存じだろうか。彼らはそろいもそろって、あまりに業が深い“特殊性癖”を持っているのだ。 国民的漫画の中に仕込まれたマニアック要素 <その1>「欠損フェチ」の吾峠呼世晴 新世代作家の一番星として知られる吾峠呼…

つづきを見る

漫画家・藤本タツキはフィリピン人だった!? 噂が一人歩きしたワケは…

型破りなダークファンタジー『チェンソーマン』などの漫画で知られる奇才・藤本タツキ。その人気は留まるところを知らず、ファンたちの興味は彼個人の素性にまで注がれている。ネット上では、彼が“フィリピン人”なのではないか…というウワサが一人歩きしているようだ。 ウワサの発端となったのは、「チェンソーマン」の第21話『キスのお味…

つづきを見る

アニメ『チェンソーマン』声優判明のウワサ!? 海外のリーク情報が物議を醸す

大人気漫画『チェンソーマン』のアニメ化が決定し、早1年が経とうとしている今日この頃。公式にはまだキャスト情報なども明かされていないが、海外のネットユーザーによる“リーク情報”が出回っている。そこで羅列された名前を見てみると、意外なビッグネームが並んでいた。 リーク情報によると、主人公のデンジ役を務めるとウワサされている…

つづきを見る

ジャンプ期待の新連載『アヤシモン』に賛否!「最高の第1話」「完全にぬら孫」

11月15日に発売された『週刊少年ジャンプ』50号にて、新連載『アヤシモン』がスタート。大ヒット漫画『地獄楽』を生んだ賀来ゆうじの新作ということで、大きな注目が集まっている。 「アヤシモン」第1話は、暴力団「炎魔会」の鬼王会長なる人物の葬儀シーンから幕開け。関東中の極道者が集まった…という説明なのだが、そこにいたのは不…

つづきを見る

『チェンソーマン』クズ主人公・デンジはなぜ人気? ジャンプ伝統の“本能型キャラ”の魅力

少年漫画の主人公といえば、漠然と「正義感に溢れ自己犠牲をいとわない」というイメージを抱く人は多いだろう。だが、最近そんなイメージを完全に覆すような主人公が熱狂的な人気を博している。彼の名は、藤本タツキの大ヒット漫画『チェンソーマン』に登場するデンジだ。 同作は「悪魔」と呼ばれる異形の怪物がはびこる世界で、それを駆除する…

つづきを見る

『チェンソーマン』は何が新しかったのか? ジャンプの常識を破壊した暴力的傑作

少年漫画の定石に囚われない作風により、『週刊少年ジャンプ』の新たな歴史を切り拓いた傑作『チェンソーマン』。発行部数1100万部を突破し、テレビアニメ化も決定するほど高い人気を誇っている同作だが、連載当時からもっとも多かったのは「新しい」という感想だった。一体どんな要素がそれほどまでに人々を驚嘆させたのだろうか? 「チェ…

つづきを見る

藤本タツキ新作『ルックバック』に抗議殺到!? 果たして「心を傷つける作品」だったのか

7月19日に『ジャンプ+』にて公開された、『チェンソーマン』の作者・藤本タツキによる新作読み切り『ルックバック』。世界中から絶賛の声が相次いでおり、すでに400万PVを超えるほどの人気を博しているが、センシティブな内容が含まれることから一部では抗議の声もあがっている。 ※『ルックバック』の内容に触れています 同作は、漫…

つづきを見る