チャンピオン

『刃牙』はやっぱりギャグ漫画!? 作中屈指の“ツッコミどころ”3選

格闘漫画の金字塔として有名な板垣恵介の『刃牙』シリーズ。しかしその作中には、勢いでは誤魔化しきれない“ツッコミどころ”が多数存在している。今回はとくにファンの間で語り草となっているトンデモ描写を3つ、ご紹介していこう。 <その1>首に通っている視神経「紐切り」 まず1つ目はシリーズ第1作『グラップラー刃牙』に登場した、…

つづきを見る

『弱虫ペダル』『バキ道』が停滞中…『週刊少年チャンピオン』の衰退がヤバイ!?

少年誌の中で独自の路線を突き進む雑誌『週刊少年チャンピオン』が、近ごろ衰退の一途をたどっていると話題だ。誌面の命ともいえる“連載ラインナップ”に、不安を抱かれているらしい。 「チャンピオン」の現行連載陣 「チャンピオン」といえば、『ブラック・ジャック』や『キューティーハニー』、『ドカベン』といった名作を生んだ漫画誌。か…

つづきを見る

『ドカベン』がプロ野球選手に与えた影響…水島新司さんの偉業を振り返る

『ドカベン』や『あぶさん』といった名作野球漫画の生みの親・水島新司さんが、1月10日に肺炎のため逝去した。その功績は野球界にも広く知れ渡っており、さまざまな野球関係者が追悼の声を上げている。どれほど大きな影響力があったのか、水島さんの偉大な足跡を振り返ってみよう。 代表作といえる『ドカベン』は、1972年から『週刊少年…

つづきを見る

『吸血鬼すぐ死ぬ』待望のアニメ化が遅れたワケ… 問題はキャラクターの“変態度”!?

漫画好きから高い注目を集めていた『吸血鬼すぐ死ぬ』(TOKYO MXほか)のTVアニメが、10月4日からスタート。実は数年前からアニメ化が熱望されていたようなのだが、現在までそれが実現しなかったことには、とある理由が隠されているらしい。 「吸血鬼すぐ死ぬ」は、2015年から『週刊少年チャンピオン』で連載されているハイテ…

つづきを見る

落ち目の『チャンピオン』に復権の兆し!? ホラー漫画の巨匠・押切蓮介の新連載が話題

9月16日発売の『週刊少年チャンピオン』42号から、バイオレンスSF漫画『ジーニアース』が連載を開始。『ハイスコアガール』や『ミスミソウ』を手掛けた人気漫画家・押切蓮介の最新作ということで、大きな注目を集めている。 同作は、押切にとって初となる週刊少年誌での連載作品。物語の舞台となるのは、異能力を持った新人類「ジーニア…

つづきを見る

『弱虫ペダル』が迷走中!?“犯罪キャラ”登場に大ブーイング「マジでありえない」

アニメや舞台など、さまざまなメディアミックスで人気を博している漫画『弱虫ペダル』。自転車漫画の代表作として真っ先に名前が挙がるほどのメジャー作品だが、実はここ最近の展開が「迷走している」とネット上で炎上しているようだ。 炎上の対象となっているのは、川田拓也というキャラクター。元々は最初期に登場した主人公・小野田坂道の同…

つづきを見る

『バキ道』待望の“大統領”回! トラムプと勇次郎が陰謀論に触れる…

大人気格闘マンガ『バキ道』最新話が、2月18日発売の『週刊少年チャンピオン』に掲載された。今回はシリーズ恒例となった「アメリカ大統領回」が描かれ、ネット上で大きな反響を巻き起こしている。 ※『バキ道』最新話の内容に触れています 第86話『知らん』の元ネタは、昨年11月に行われたアメリカ合衆国の大統領選挙。激闘を繰り広げ…

つづきを見る