フィギュア

エヴァ“魔改造フィギュア”で逮捕者! グレーゾーン取り締まりにオタクから同情の声も…

5月18日、岡山県在住の男性が人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の“魔改造”フィギュアを無断で販売していたとして、逮捕される事件が発生。オタク文化特有のグレーゾーンの領域だっただけに、ネット上では同情の声も上がっている。 またもや魔改造フィギュアで逮捕者 オタク界隈における「魔改造」とは、フィギュアなどを自分のアイデ…

つづきを見る

『黒子のバスケ』意味不明なプロジェクト始動! ファン困惑「え? 売らないの?」

いまだに熱烈なファンが多い、『週刊少年ジャンプ』の異能力バスケ漫画『黒子のバスケ』。先日、アニメ化10周年を記念したフィギュア企画がスタートしたのだが、その内容があまりに珍妙だったことから、困惑の声が飛び交っている。 世界に1つだけのフィギュア? 「黒子のバスケ」は、2008年~2014年にかけて連載されていた作品。主…

つづきを見る

『FF6』ティナの“150万円フィギュア”は日本経済衰退の象徴?

フィギュアの価格は年々高騰し続けていると言われるが、しばしばそのレベルを逸脱するほどの超高級フィギュアが爆誕することも。4月25日から予約が始まったスクウェア・エニックスの商品は、約150万円という破格の値段によって物議を醸している。 天野喜孝が監修を務めた至高の逸品 この度発表されたのは、「スクウェア・エニックス マ…

つづきを見る

『進撃の巨人』リヴァイのフィギュアが炎上!『ギャグマンガ日和』風の“邪神像”爆誕

人気アニメ『進撃の巨人』と『NTTドコモ』のコラボキャンペーンにてリヴァイ兵長のフィギュアが発売されたのだが、そのクオリティが低すぎることが話題に。購入者からはクレームが殺到し、作り直しを求める署名運動にまで発展してしまったようだ。 問題となっているフィギュアは、2021年2月~3月のコラボキャンペーンで制作されたもの…

つづきを見る

いま“美少女プラモ”がアツい! 沼にハマる人続出で『コトブキヤ』が大成長

プラモ・フィギュアメーカーとして知られる『コトブキヤ』が、今年度の決算で大幅な増益を報告。その原動力となったのは、飛躍的な進化を遂げつつある「美少女プラモデル」の大ヒットだという。 8月13日に発表された2021年6月期の連結決算によると、「コトブキヤ」の営業利益は約9億8700万円を記録。前年同期比で332.2%増と…

つづきを見る

『ドラゴンボール』ピッコロ大魔王の“高額フィギュア”に不満爆発「これで3万は高い」

鳥山明が生んだ『ドラゴンボール』といえば超人気コンテンツだが、原作だけでなく関連グッズの熱気も段違い。今でもさまざまな種類のフィギュアが展開され、ファンを喜ばせている。しかし最近発売された『ドラゴンボールアライズ』シリーズのとあるフィギュアが、一部で非難を浴びているようだ。 問題となっているのは、同シリーズの第4弾とし…

つづきを見る

『ドラゴンボール』フィギュアが再炎上! ファン無視の強行策に「嘘ばっかり」

『ドラゴンボール』といえば、鳥山明の代表作にして不朽の名作。同作のフィギュアは国内外問わず熱狂的な人気を誇り、新商品が登場するたびに大きな注目を集めている。だが、現在ネット上では“ゴジータ”のフィギュアをめぐる炎上騒動が巻き起こり、ファンを激怒させているようだ。 激論の的となっているのは、高額一番くじ「SUPER MA…

つづきを見る

『ドラゴンボール』フィギュア改悪で炎上! 変わり果てたゴジータに涙「愛がない」

『ドラゴンボール』のゴジータは、孫悟空とベジータのフュージョンにより誕生したアニメ発の融合戦士。作中でも人気の高いキャラで、これまで何度もフィギュア化されてきた。しかしつい最近、新発売されるゴジータのフィギュアをめぐってネット上で炎上騒ぎが起きているという。 事の発端となったのは、高額一番くじ「SUPER MASTER…

つづきを見る