マンガ

“白ひげの意志”は生きていた!『ONE PIECE』元七武海と不死鳥マルコが衝撃の和解

人気漫画『ONE PIECE』の第1073話『ミス・バッキンガム・ステューシー』が、1月30日発売の『週刊少年ジャンプ』9号に掲載された。 自称“白ひげの息子”ことエドワード・ウィーブルがとった予想外の行動に、読者たちの注目が集まっている。 ※『ワンピース』最新話の内容に触れています 白ひげの故郷「スフィンクス」へとや…

つづきを見る

『ブルーロック』は男には読めない?「サッカー版テニプリ」「女性向けウマ娘」レッテル続々

ワールドカップ(W杯)の開催によって、一躍脚光を浴びたサッカー漫画『ブルーロック』。今や累計発行部数1,700万部を突破するほどの人気を博しているが、同時に“女性向けコンテンツ”というレッテルが強くなりつつある。 超人的プレイは『テニプリ』さながら 同作は“史上最もイカれたサッカー漫画”の異名がある通り、ユニークな設定…

つづきを見る

ジャンプ+連載にパクリ疑惑!? 某なろう漫画が「ひのきのぼう」に酷似との指摘

現在『少年ジャンプ+』で連載されている漫画『僕の武器は攻撃力1の針しかない』に、まさかのパクリ疑惑が浮上している。かつてネット上で大流行した「僧侶『ひのきのぼう……?』」という短編小説に、設定や展開などが似通っているというのだ。 懐かしの“SS”との共通点 「僕の武器は攻撃力1の針しかない」は、2022年9月から連載を…

つづきを見る

ジャンプ特有の性差別!?“最強の女”が噛ませ犬になる『ワンピ』『呪術』『ヒロアカ』

昭和が終わってからおよそ34年が経ち、今時ではバトル漫画でも女性キャラクターが活躍する機会が増えてきた。その風潮は『週刊少年ジャンプ』にも存在するものの、「女性キャラは最強になれない」という“見えない天井”が残っているようだ。 ※『呪術』『ヒロアカ』『SAKAMOTO DAYS』の展開に触れています ここ最近、「ジャン…

つづきを見る

Colabo問題がなろう漫画『チート付与魔術師』に飛び火!?“神対応”の裏で盛り上がる陰謀論

ついに国会にまで波及することとなった、一般社団法人『Colabo』の不正会計疑惑。ネット上ではいまだに激論が交わされているが、その余波が『マガポケ』で連載されている人気なろう漫画にまで飛び火してしまったらしい。 タイムリーな話題でセリフ改変へ 話題を呼んだのは、『追放されたチート付与魔術師は気ままなセカンドライフを謳歌…

つづきを見る

“次世代のモドリッチ”誕生!?『ブルーロック』潔世一が最高のMFとして評価される

1月25日、サッカー漫画『ブルーロック』の第204話が『週刊少年マガジン』8号に掲載された。作中で主人公の潔世一が“次世代のモドリッチ”と評される場面が描かれたことで、ネット上が大盛り上がりしている。 ※「ブルーロック」最新話の内容に触れています 前話では、ドイツVSイングランドによる「新英雄大戦(ネオ・エゴイストリー…

つづきを見る

『ワンパンマン』で“To LOVEる”展開!? タツマキの胸に過激すぎるハプニング

人気ヒーロー漫画『ワンパンマン』の最新話が、1月26日に『となりのヤングジャンプ』で配信された。タツマキ&フブキ姉妹とサイタマによる意味深な描写がてんこ盛りとなっており、ラブコメ展開を期待する声が上がっている。 ※『ワンパンマン』最新話に触れています フブキ組に謎の組織「ツクヨミ」のスパイが紛れ込んでいたことが発覚し、…

つづきを見る

『ヒロアカ』はなぜ盛り上がらない? 最終決戦なのに“クラスメイト”の出番ナシ

いよいよ物語がクライマックスに差し掛かり、ヒーローとヴィランの最終決戦が繰り広げられている『僕のヒーローアカデミア』。しかしメインキャラである「雄英高校」1年A組のクラスメイトたちがほとんど活躍の場を与えられておらず、不満を抱く読者も多いようだ。 ※『ヒロアカ』最新話までの内容に触れています 現在『週刊少年ジャンプ』で…

つづきを見る

『ジャンプ』新人賞が12歳の天才小学生を発掘!? 父親は『帝一の國』の有名漫画家

これまでさまざまな才能を発掘してきた、『週刊少年ジャンプ』による新人賞『JUMP新世界漫画賞』。11月期には、12歳の小学生が同賞の「最終候補まで一歩手前」に選ばれることとなり、世間に大きな衝撃を与えている。 将来が有望すぎる…小学生漫画家に期待 「JUMP新世界漫画」は、2017年から発足された新人賞。佳作以上は「ジ…

つづきを見る

尾田栄一郎が『NARUTO』リスペクト!?『ONE PIECE』にクローン登場で忍界大戦勃発か

Dr.ベガパンクの登場によって、さまざまな謎が明かされつつある漫画『ONE PIECE』。1月23日発売の『週刊少年ジャンプ』8号に掲載された最新話では、作中世界で“クローン技術”が発達していることが明らかとなり、“穢土転生の術”を思い出す人が続出している。 ※『ONE PIECE』最新話の内容に触れています これまで…

つづきを見る