ルックバック

藤本タツキ新作は『ルックバック』批判への回答!? 読切『さよなら絵梨』に込めたメッセージ

『チェンソーマン』の作者・藤本タツキによる新作読み切り『さよなら絵梨』が、4月11日に『ジャンプ+』で公開された。過去作と同じく、フィクションのあり方を探求する作品となっていたが、読者の中には隠されているであろうメッセージを読み取る人もいるようだ。 ※「さよなら絵梨」の内容に触れています 同作は、男子高校生・伊藤優太が…

つづきを見る

『タコピーの原罪』は「100ワニ」の再来? 口コミヒットを許せない人たちの心理

ハートフル漫画ならぬ、ハートフルボッコ漫画として、絶大な支持を得ている『タコピーの原罪』。口コミから一躍『ジャンプ+』を代表するヒット作へと上り詰めたが、そうしたムーブメントに“ステマ”を疑う声も上がっている。 人気漫画にステマ疑惑? 「タコピーの原罪」は、家庭環境やいじめによって現実を諦めた女子小学生・久世しずかと、…

つづきを見る

漫画家・藤本タツキはフィリピン人だった!? 噂が一人歩きしたワケは…

型破りなダークファンタジー『チェンソーマン』などの漫画で知られる奇才・藤本タツキ。その人気は留まるところを知らず、ファンたちの興味は彼個人の素性にまで注がれている。ネット上では、彼が“フィリピン人”なのではないか…というウワサが一人歩きしているようだ。 ウワサの発端となったのは、「チェンソーマン」の第21話『キスのお味…

つづきを見る

藤本タツキ『ルックバック』の“修正”は本当に正しいのか? 浮かび上がる様々な疑問点

漫画アプリ『ジャンプ+』上で発表され、累計500万PVを記録している藤本タツキの話題作『ルックバック』。8月2日、同作のワンシーンが「偏見や差別の助長につながる」として修正を加えられ、ネット上で大きな物議を醸している。 同作は、「漫画」をきっかけとして出会った藤野と京本の半生を描いた作品。2人の成功や挫折を通して描かれ…

つづきを見る

藤本タツキ新作『ルックバック』に抗議殺到!? 果たして「心を傷つける作品」だったのか

7月19日に『ジャンプ+』にて公開された、『チェンソーマン』の作者・藤本タツキによる新作読み切り『ルックバック』。世界中から絶賛の声が相次いでおり、すでに400万PVを超えるほどの人気を博しているが、センシティブな内容が含まれることから一部では抗議の声もあがっている。 ※『ルックバック』の内容に触れています 同作は、漫…

つづきを見る

藤本タツキ“新作読切”1日で300万PV! 同業者が嫉妬する衝撃作が伝えたメッセージ

アニメ化も決定した漫画『チェンソーマン』の作者・藤本タツキが、7月19日に『ジャンプ+』にて新作読み切りを発表。『ルックバック』と題されたその作品は口コミによってたちまち人気が広まり、公開から約1日で300万PVに到達するほどの勢いを見せている。 同作は「時代を抉る 新時代青春読切」と銘打たれており、読切ながらも143…

つづきを見る