七つの大罪

『黙示録の四騎士』メリオダスがついに登場!「最高の展開」とお祭り騒ぎに

2月22日発売の『週刊少年マガジン』13号に、鈴木央による『黙示録の四騎士』の第51話『リオネス王』が掲載された。そこで『七つの大罪』の主人公・メリオダスが登場し、ファンたちが歓喜の雄叫びを上げている。 ※『黙示録の四騎士』最新話の内容に触れています 「黙示録の四騎士」は鈴木の代表作である「七つの大罪」の続編で、“黙示…

つづきを見る

四大少年誌を渡り歩いたレジェンド作家… 鈴木央が『七つの大罪』を描けた理由

かつて『進撃の巨人』の作者・諫山創が『週刊少年ジャンプ』に持ち込みし、酷評されたというのは有名な話。その後「進撃の巨人」が大ヒットしたことで、編集部の見る目のなさが揶揄されるようになってしまった。しかし実は「ジャンプ」では、他にも才能ある作家を何人も逃している。今回はその内の1人、鈴木央(すずき・なかば)の奇妙な人生に…

つづきを見る