仮面ライダー

『仮面ライダー』最新作で“反ワク”描写!? 陰謀論の気配にドン引き「洒落にならん」

新型コロナワクチンをめぐって、ネット上では「反ワク」と呼ばれる陰謀論の是非が議論されている。そんな中、5月22日に放送された『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)の最新話にて、反ワクめいた描写があったため、物議を醸しているようだ。 ※『仮面ライダーリバイス』最新話の内容に触れています 同作は人間が誰しも「悪魔」を心に…

つづきを見る

『仮面ライダーオーズ』完結編が炎上! ファン発狂&激怒の矛先がスタッフに向かったワケ

『仮面ライダーオーズ/OOO』の完結編となる『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』が、3月12日から劇場で先行上映された。前作から約10年ぶりとなる待望の完全新作…のはずだったが、ファンたちは怒り狂っているようだ。 ※『仮面ライダーオーズ 10th』の結末に触れています 「仮面ライダーオーズ」は、2010年…

つづきを見る

『仮面ライダー』害悪オタクがヤバすぎ… セクハラ&パワハラ告発に「女が入ってくんな」

子どもに夢と希望を与えるはずの『仮面ライダー』シリーズに、とんでもない汚名が着せられている。スタッフの内部告発により、制作現場でセクハラやパワハラが横行していることが発覚したのだ。 発端となったのは、11月12日に投稿された『東映(株)に対し過重労働/セクハラの改善を求めます【仮面ライダーリバイス・プロデューサー補佐が…

つづきを見る

初代『仮面ライダー』藤岡弘、が当時の撮影を回顧「悪と完全に戦う“正義”を感じた」

10月31日の『第34回東京国際映画祭』ジャパニーズ・アニメーション部門で、生誕50周年を迎えた『仮面ライダー』特集が開催された。俳優の藤岡弘、が登壇し「仮面ライダー」へのアツい想いを語っている。 「仮面ライダー」1号・本郷猛(ほんごう・たけし)役を務めた藤岡は、初の映画祭参加に関して「映画は国境や民族を越えて、勇気や…

つづきを見る

新『仮面ライダー』ダサすぎ!? ピンク&ギザ歯に賛否「ヴェノムかよ」「エヴァ量産機」

7月22日より公開される映画『スーパーヒーロー戦記』のメインビジュアルが公開されたのだが、この中に映り込んでいるピンク色の仮面ライダーが「次の仮面ライダーなのでは?」と話題に。思わぬ情報にファンは湧いているが、一方でデザインに不満を漏らす人も少なくないようだ。 同映画は、仮面ライダーシリーズ50周年と、スーパー戦隊シリ…

つづきを見る

仮面ライダー史上最低の作品?『セイバー』のクオリティに特撮ファン激怒

特撮ファンの間で不評の声が続出している『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系)。5月16日放送の第35章『そして私は、神になる。』では低クオリティなCGを使った演出が登場し、ますますファンの心を遠ざけてしまったようだ。 物議を醸しているのは、作中の敵キャラ・マスターロゴス(相馬圭祐)が「全知全能の書」を復活させる存在と…

つづきを見る